2015年12月3日

研修に求められている4つの目的

タグ: 目的, 研修, 研修の意味,

«
»


img001
 
世の中では本当に多くの企業、団体様が様々な研修を実施しています。
また、われわれ研修会社も様々な種類の、様々な手法を用いた研修を提供しています。
 
では、その「研修」には何が求められているのでしょうか?
研修の目的・意味」とは何なのでしょうか。
 
今回はそんな答えのすぐにでなそうな疑問について1つの切り口で
考えてみたいと思います。

研修に求められている4つの目的

どんな手法を用いていても、どんな種類の研修でも大きく以下の4つの
目的に「研修の目的」は集約されるのではないか?と思います。
 

1.知識を知って欲しい
2.他の考え方、やり方があることを気づいて欲しい
3.できるようになって欲しい
4.これまでの自分の考え方・行動を振り返ってほしい

※2ができると4もできることになりますが、4単体が目的ということもあるでしょう。
 
研修自体の作りもこの4つを促すような作りになっていると思います。
 

1.知識を知って欲しい = 講義
2.他の考え方、やり方があることを気づいて欲しい = ディスカッション
3.できるようになって欲しい = ワーク
4.これまでの自分の考え方・行動を振り返ってほしい = リフレクション

目的によってとるべき手法、やり方も変わってきます
例えば、新入社員研修であれば社会人としてのビジネスマナーを知り(=講義)
できるようになって欲しい(ワーク)ということになりますし、
管理職研修であれば、他の管理職の部下の褒め方を聞いたり(=ディスカッション)、
自分の育成方法の良い点、悪い点を振り返って欲しい(=リフレクション)
ということになるでしょう。
 
※もちろん、管理職であってもコンプライアンスなどの必要知識はあります。
 
また研修の実施時間を考慮して、今回は4つのうちの、この2つに集中する
といったような「選択と集中」も必要になるかも知れません。
 
数時間の研修で、伝えたい事はたくさんあっても、盛りだくさんにしても
受け手は全てを受け止めきれないかもしれないからです。

まとめ

簡単には答えの出ない「研修の目的・意味」「研修に求められていること」について
我々が今考えていることを書いてみました。
みなさんは「研修の目的」をどのように考えていらっしゃいますか?


【関連記事】

人気記事 TOP5

研修検索

目的:
人数:
実施時間:

過去記事 (カテゴリー別)