2014年9月20日

採用選考グループワークでのワークスタイルトランプの活用

タグ: グループワーク, ゲーム, 採用選考,

«
»


wstrump1

今回は採用選考のグループワークで使えるツール
ワークスタイルトランプの導入事例をお客様に共有頂けましたので
掲載したいと思います。

ワークスタイルトランプについてはこちら

今回インタビューにお答え頂いたのは
医薬・化粧品系のお客様となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
Q.ワークスタイルトランプを導入頂いた経緯について教えてください。

A. グループワークのコンテンツになるものを探していました。
検討した際の観点は下記3つです。
1.コスト
  大手の研修教材のような高価なものは対象にできず、
  臨時で費用捻出できそうな金額規模のもの探していました。
  
2.実施効果
  学生が選考に参加してよかったと思えるような内容にしたいと考えてました。
  そこで、学生の行動特性を評価したい企業側の目線よりも、
  学生本人の就活に役立てられるものを残せるかどうかという観点を持っていました。

3.実施難易度
  簡単に実施できるものを探していました。
  実施時間が長かったり、運営に手間がかかったり、高度なスキルが必要な
  ものだと自分達が対応しきれないからです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Q.ワークスタイルトランプの活用シーンについて教えてください。
(採用で利用、研修で利用など)

A.採用選考の初期段階で使用しました。
具体的には会社説明会の後にトランプを使ったグループワークを実施しました。
個人ワークの後にグループで意見をまとめて発表させることを主に実施しました。
時間の都合で、個人ワークの結果をグループで共有化するだけにとどめた時もありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Q.実施してみての感想を教えてください。
(受講者の反応と、担当者様の感想を教えてください)

1.受講者の反応
受講者からは以下のような反応がありました。

 同じカードを選んでいても背景にある考えが違ったり、
 違うカードを選んでいても考えていることが一緒だったりして面白かった。
 他の就活生の考えを聞けたこと、自分に新たな発見ができたことで、
 今後の就活の軸を確認できた。

2.担当者としての感想

 見られていることを意識するあまりに、カード選択にバイアスがかかることを
 懸念していました。しかし実際にやってみると学生たちは我々を気にせず
 活発に意見を出し合っていました。

 また、カードの選び方や並べ方、発表の仕方に
 個人差があって見ていても面白かったです。
 
 適性検査や面接のパフォーマンスと結びつければもっと関連が見いだせるかも
 と感じました。

 ワークスタイルトランプを使ったグループワークは他でやったことがなく
 面白くてためになった、というコメントが多かったです。

 我々としては、頑張って活動している学生に敬意を持って、
 弊社の選考に来てよかったなと思えるようなものを提供したいと考えています。
 今回のワークスタイルトランプはその意味で最適なツールでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

というご感想を共有頂きました。

採用選考でのグループワークをお探しの企業様は
お問い合わせ頂ければと思います。
ワークスタイルトランプについてはこちら


【関連記事】

過去記事 (直近5件のみ)


研修検索

目的:
人数:
実施時間:

過去記事 (カテゴリー別)