チームビルディングのゲームとしてよく知られているものの1つに「ペーパータワー」というゲームがあります。
 
ペーパータワー
参考URL:http://www.gifukeikyo.org/information/news_detail.php?ID=487
 
とてもシンプルなゲームで、30枚のA4用紙を使ってできるだけ高いタワーを作るというワークです。
 
同様のゲームに「マシュマロチャレンジ」というゲームがあります。
こちらは、パスタとマシュマロなどを使うため、もう少し準備物が必要で、かつ難易度が高くなります。
 
マシュマロチャレンジについてはこちらを御覧ください。

マシュマロ・チャレンジのやり方

ペーパータワーのやり方

ペーパータワー
具体的なやり方は以下のとおりです。
 

1.1チーム4〜5名で行う
 
2.1チームに付き30枚のA4用紙を配布する
 
3.できるだけ高いタワーを作ったチームの勝利
 
4.紙は切ったり、折ったりしても構わない
 
5.紙以外の道具を使ってはならない
 
6.まずは作戦タイムとして5分間話し合う時間
※この際、チームで1枚だけ紙に触れて良い
 
7.組み立てタイムは5分間
 
8.組み立てタイム終了後、全員がタワーから手を離し、10秒間数える
 
9.10秒後に計測タイムに移行する
※計測タイム中も自立していなければいけない
 
10.優勝チームの発表

拡張版ペーパータワーの紹介

ここまでは通常のペーパータワーについて書いてきましたが、ペーパータワーを使って企業経営について学べる経営シミュレーションゲームに拡張することが可能です。
 
通常のペーパータワーだけでは物足りない、という方はこちらの拡張版ペーパータワーをお試し下さい。

ペーパータワーを拡張した経営シミュレーションゲーム

ゲーム後の流れ

ゲーム後の流れについて、いくつかのパターンをあげておきましょう。

2回戦を実施する

ペーパータワー
PDCAサイクルを回すために、結果発表後、チームでの振り返りの時間を取って2回戦に挑むというやり方もありでしょう。
 
2回戦を実施する場合、1回目の順位と、2回目の順位の合計が最も小さいチームの勝利としてもよいでしょう。
 
また、3回戦を実施する場合に、チームを入れ替えて、3回のゲームの順位を合計し、最も小さい個人に個人賞を与えるというのも良いと思います。

チームビルディングの理論紹介

team_model
 
また、チームビルディングの理論的な振り返りとして「タックマンモデル」を紹介します。
 
タックマンモデルについてはこちらを御覧ください。

タックマンモデルとチームビルディング

PDF資料の請求(無料)

弊社では、ご紹介したゲームの一部を社内講師で実施できるキットとしてカード、投影用スライド、講師向けの資料/動画マニュアルのレンタルを行っております。(有料)

 
ゲームの詳細は資料請求(無料)でもご確認いただけます。
 

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。
研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、ご希望のゲーム名、実施時期や受講人数など(300文字以内)
電話番号をご記入頂ければ、お電話でもご説明差し上げます。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ