先週、某金融機関様の社内セミナーで「目標設定」のための研修を実施しました。
 
内容としては「マンダラート」を用いて「2016年の目標」を設定するというもので、日本ハムの大谷翔平選手が高校1年生の時に立てていたと言われているマンダラートのフォーマットに従って目標を考えて頂きました。
 
当日のスライドはこちらです。
 

 
いきなりマンダラートのフォーマットに目標を書くのはなかなか大変なので、最初はウォーミングアップということでモアレス分析と呼ばれるフレームワークを用いながら目標を考えていだき、徐々にマンダラート形式に置き換えて、終盤はSMARTの法則を説明し、達成しやすい目標にブラッシュアップしていきました。
 
SMARTの法則についてはこちらを御覧ください。

目標設定の際に参考にしたいsmartの法則とは

 
当日使用した「目標設定シート」はこちらからダウンロード頂けます。
目標設定シート

目標設定シートをダウンロードする

 
なお、実施時間としては約1時間半、人数は40名ぐらいの方に参加頂きました。
今回は「個人」としての目標ということで、仕事上での目標ばかりにならないように「役割による目標設定」という資料を入れて、「仕事」と「プライベート」を合わせて目標設定して頂きました。
 
ただし、最後に「チームとしての目標設定」として、「インセンティブビンゴ」という手法の紹介もさせて頂きました。
 
インセンティブビンゴについては過去の記事でも書いていますので興味のあるかたはこちらをご覧頂ければと思います。

ビンゴを使った目標設定の方法:インセンティブビンゴ

まとめ

仕事に特化した形の目標設定研修ではありませんが、社内で実施したい場合は弊社までお問い合わせ頂ければと思います。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ