2014年10月15日

クックパッド様の内定式でのワークスタイルトランプの活用

タグ: クックパッド, ワークスタイルトランプ, 内定式,

«
»


cookpad_vertical

今回はグループワークで使えるツール
ワークスタイルトランプの内定式での導入事例
お客様に共有頂けましたので掲載したいと思います。

>>ワークスタイルトランプについてはこちら

 
今回インタビューにお答え頂いたのは
クックパッド株式会社 人事部の 丸山 祐子 様 となります。
 

Q.ワークスタイルトランプをご導入されたきっかけを教えてください
 
A.内定者研修で利用するワークを検討していました。
 
内定者全員が顔を揃える機会は初めてだったことと、ただ仲良くなるだけではなく
お互いが大切にしている価値観について一歩踏み込んで話す機会
自然につくりたいと考えていました。
 
トランプという形式がカジュアルで導入しやすいことと、
「働き方」や「価値観」にフォーカスした内容であることを理由に選びました。

 

Q.ワークスタイルトランプを受講された対象者について教えてください
 
A.2015年4月入社予定の内定者(総合職、エンジニア職)に加えて
若手社員も数名参加しました。

 

Q.受講者の反応はいかがでしたか?
 
A.「内定者同士がお互いを知る」という目的で利用しました。
 
数人のグループで、お互いが選ぶカードについて話してもらいましたが、
ほぼ初対面同士でも向き合って話すことができるための、よいきっかけづくりになりました。
 
カードがあることで、お互いの違いや共通点が見えるようになり
そこを軸に話を深めていたようです。

 

Q.ワークスタイルトランプを実施してみてどのような効果があったと思われますか?
 
A.多様な価値観のなかで働くことや、チームワークについて考える機会をつくることができました。
 
また、途中、若手社員も交えてワークを行ったのですが、
同じカードを活用することで、共通の話題がつくりやすいのはよいなと感じました。

 

Q.全体を通して丸山様の率直な感想を教えてください
 
A.目的や受講者にあわせていろいろな活用法がありそうだなと感じました。
場所を選ばず手軽に利用できることが良いと思います。
 
ワークスタイルトランプ自体はあくまでツールなので、
ワークの目的が何かによって、どう使うのか考える余白のある商品だと思います。
 
cookpad_workstyletrump

 

Q.最後に、受講者の感想の中で印象的なものがあれば教えてください
 
A.
自分の価値観をちゃんと言語化する機会にもなって良かった。」
他の人の意見を聞いて、自分も見習うべきことなど、たくさんの気付きがありました。」
といった声がありました。

というご感想を共有頂きました。

採用選考でのグループワーク、インターンシップでのアイスブレイク
をお探しの企業様はお問い合わせ頂ければと思います。
 

>>ワークスタイルトランプについてはこちら

>>「ワークスタイルトランプ」実施の流れを見る


【関連記事】

研修検索

目的:
人数:
実施時間:
ご予算:

人気記事 TOP5

過去記事 (カテゴリー別)