OJTという育成方法はOJTトレーナーの関わり方によって指導レベルが左右されてしまうため、全社的に一定の質を担保する取り組みが必要です。
 
具体的には、OJTトレーナー向けの研修を実施したり、「OJTシート」という形でOJTにおける支援ツールが必要となります。
 
OJTシートには以下の様な大きく2種類のシートが存在します。
 

1.OJTトレーナーのための育成計画シート
2.OJTトレーナーと対象者のためのコミュニケーションシート

それぞれをもう少し具体的に説明していきましょう。

1.OJTトレーナーのための育成計画シート

1つ目はOJTトレーナー(と育成担当の人事)ため育成計画シートとしてのOJTシートです。
 
育成計画シートとしての具体的なシートは以下のURLからPDFファイルをダウンロードすることができます。
 

インソース社
http://www.insource.co.jp/common/download/ojt_sheet6.pdf
 
ナビゲート社
http://www.navigate-inc.co.jp/tool/pdf/1204.pdf

育成計画シートとしてのOJTシートの特徴としては以下の3つの要素が組み込まれていることです。
 

中長期的(1年後)な育成のゴールイメージを描く
・ゴールイメージから逆算して「いつまでに、何が」できているかを記述する
・項目は「社会人としての基本姿勢」と「専門的スキル」の大きく2つで考える

このタイプのOJTシートはOJTトレーナー研修などの場で作成されることが多く、作成後、育成担当の人事との話し合いで詳細を詰めていくという流れになります。

2.OJTトレーナーと対象者のためのコミュニケーションシート

2つめはOJTトレーナーと対象者(多くの場合は新入社員)のコミュニケーションシートとしてのOJTシートです。
 
コミュニケーションシートとしての具体的なシートは以下のURLからPDFファイルをダウンロードすることができます。
 

ナビゲート社
http://www.navigate-inc.co.jp/tool/pdf/1301.pdf
 
全日本電気工事業工業組合連合(XLSファイルがダウンロードされます)
http://www.znd.or.jp/hyoukakijun/ojt-sheet.xls

コミュニケーションシートとしてのOJTシートの特徴としては以下の3つの要素が組み込まれていることです。
 

短い期間(1週間)で行った具体的な業務内容を記述する
・新入社員などの対象者が「仕事の振り返り」を行う仕組みがある
OJTトレーナーと対象者の両者が記入する

コミュニケーションシートとしてのOJTシートは対象者自身の仕事の振り返り、OJTトレーナーからのフィードバックなどPDCAサイクルを回すための仕組みといえるでしょう。

OJTシート活用の3つのメリット

ここまで具体的なOJTシートについて見てきましたが、OJTシートを活用するメリットは大きく分けて以下の3つです。
 

1.支援する側、される側で、目標や現状を共有することができる
2.成長が可視化されるので、モチベーションを実感しやすい
3.課題点が可視化され、育成プランが立てやすくなる

お互いに成長を見える化することで現在地がわかり、進むべき方向が見えてきます。

まとめ

OJTシートには大きく分けて2種類のシートが存在する。
 

1.OJTトレーナーのための育成計画シート
2.OJTトレーナーと対象者のためのコミュニケーションシート

OJTシートを活用することで「成長を見える化」し、OJTトレーナー、対象者共に現状の把握、目指すべき方向性が見えてくる。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ