2014年12月15日

チームビルディングとは

タグ:

«
»


チームビルディング

弊社ではお客様からチームビルディング研修の依頼を多く受けます。
組織の活性化、社員間のコミュニケーションの活性化という
表現で依頼を受けることもありますが、
総じてチームビルディングを目的とされているようです。

 

そもそも、チームビルディングとはなんでしょうか。

チームビルディングとは

チームメンバーが共通の目的に向かって、1+1が2より大きくなるような
チームワークを発揮している状態にすること

と定義しています。

ちなみに、チームビルディング研修を実施されている同業の研修会社様等の
ホームページではこう解説されています。
 

高い組織力とともに「人材が成長」高い「組織力を発揮」するための手法と取り組みを
私たちJTBAでは「チームビルディング」と読んでいます。
by 一般社団法人 日本チームビルディング協会 様
チームビルディングとは、
『仲間が思いを一つにして、一つのゴールへ向かって進んでゆける組織作り』のことです。
by 株式会社 チームビルディングジャパン 様
「チームビルディング」とは、
「メンバー相互により良い関係を築きながら、共通の目標を達成できる集団をつくる」ことです。
by している株式会社 様

そもそも、チームとは何か

山口裕幸(2008)「チームワークの心理学」 によれば
チームには以下の要素が必要とされています。

1.達成すべき明確な目標の共有
2.メンバー間の協力と相互依存関係
3.各メンバーに果たすべき役割の割り振り
4.チームの構成員とそれ以外との境界が明瞭
参考文献:山口裕幸(2008)「チームワークの心理学」

上から降りてきた明確な目標はあるけども、メンバーが納得感を持てていないため
チームとしての結束力に欠ける、という現実もよくあることでしょう。

では、チームとグループは何が違うのでしょうか。

チームとグループの違い

辞書によればこう定義されています。

グループ【group】
1 仲間。集団。「―旅行」
2 共通の性質で分類した、人や物の一団。群。
3 同系列に属する組織。「企業―」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チーム【team】
ある目的のために協力して行動するグループ。組。
スポーツや共同作業についていわれる。「―を組む」「野球―」

どちらも人の集まりであることには変わりないですが、
違いの1つは共通の目的・目標が明確になっていることだと言えます。
プロのサッカーチームを例にすれば多くのチームの共通の目的・目標は
そのリーグで優勝すること、といえます。

チームワークとは

最後に、「1+1が2より大きくなるようなチームワーク」についてですが、
場合によっては1+1が2より小さくなっている組織もあるでしょう。

オールド・ドミニオン大学のディキンソン教授、オハイオ大学のマッキンタイア教授によれば

チームワークとはチーム内の情報共有や活動の相互調整のために
メンバーが行う対人行動全般である

と定義しています。

弊社ではシンプルに

チームが目標を達成するために行う
情報共有、役割分担、メンバー同士の協力

と定義しています。
これができてはじめてチームが1+1より大きな成果を生み出せるのでは
ないでしょうか。

これができていない組織では 

  • 成果主義型の評価制度によって情報共有が行われない
  • 他のメンバー、および、自分の強み・弱みを理解できていない
  • 「チームの力は個人の力の合計に勝る」という前提が無い
  • などの原因が考えられます。
     

    なお、前述のディキンソン,マッキンタイアは
    チームワークの要素として以下のような項目をあげています。
    (ディキンソン,マッキンタイア 1997)

     

    teamwork

     
    なお、数時間〜数日のチームビルディング研修では評価制度の変更までは難しいですが、

  • 他のメンバー、および、自分の強み・弱みの理解
  • 「チームの力は個人の力の合計に勝る」という前提の体感
  •  
    は実現可能です。

    まとめ

    チームビルディングとは、
    チームメンバーが共通の目的に向かって、1+1が2より大きくなるような
    チームワークを発揮している状態にすること

    みなさんはチームビルディングをどのようにお考えですか?


    【関連記事】

    人気記事 TOP5

    研修検索

    目的:
    人数:
    実施時間:
    ご予算:

    過去記事 (カテゴリー別)