数年前から教育分野では「アクティブラーニング」というキーワードが注目されています。
※アクティブ・ラーニングと同意です。
 
平成24年に文部科学省中央教育審議会が発表した答申にこのように述べられています。
 

従来のような知識の伝達・注入を中心とした授業から、教育と学生が意思疎通を図りつつ、一緒になって切磋琢磨し、相互に刺激を与えながら知的に成長する場を創り、学生が主体的に問題を発見し解を見いだしていく能動的学修(アクティブ・ラーニング)への転換が必要である。

ここでは「大学教育の質の改善」に関連してアクティブラーニングの必要性が記述されています。
 
アクティブラーニングの定義には以下の様なものがあります。
まずは文部科学省中央教育審議会の「用語集」では次のように定義されています。
 

伝統的な教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学習者の能動的な学習への参加を取り入れた教授・学習法の総称。
 
学習者が能動的に学ぶことによって、後で学んだ情報を思い出しやすい、あるいは異なる文脈でもその情報を使いこなしやすいという理由から用いられる教授法。
 
発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等を行うことでも取り入れられる。

また京都大学の溝上真一教授の著書「アクティブラーニングと教授学修パラダイムの転換」では以下の様に定義されています。
 

一方的な知識伝達型講義を聴くという(受動的)学習を乗り越える意味での、あらゆる能動的な学習のこと。
 
能動的な学習には、書く・話す・発表するなどの活動への関与と、そこで生じる認知プロセスの外化を伴う。

認知プロセスの外化」の部分に関しては、もう少し詳しく記述されています。
 

ただ聴くだけのときにはあまり働かせていなかったさまざまな認知機能を働かせ、そのプロセスを外化することを意味する。

なお、「外化」とは教育心理学などで使われる用語で

発表や図形、文章などを通じて自分の頭の中にある考えを外に出すこと

という意味になります。
参考:http://asanoken.jugem.jp/?eid=549
 
両者に共通するポイントは「聴くだけではなく、能動的な学習への参加」ということになると思います。
 
そして、その形式はグループディスカッションやグループワークなど様々であるということが言えます。
 

ビジネスゲームはアクティブラーニングか?

上記の定義から判断する限り、ビジネスゲームという学習の形式もアクティブラーニングに含まれると考えています。
 
ビジネスゲームは「ゲームをプレイする」という観点で見れば聴くだけではなく活動が求められます
ゲームの種類によっては人と話す、書くという行動も必要です。
 
また、ゲームには人に「参加したい」と思わせる力があると感じています。
※これが説明できるデータが見つかり次第掲載したいと思います。
 
なお、グループワークの中にビジネスゲームが含まれているイメージなのかもしれませんが、ゲームは1人でも実施可能なものがあります。
 
現在は主に企業研修、新卒採用で、大学でのキャリア教育のシーンでご利用いただいている弊社のコンテンツですが、今後は教育機関でご利用頂けるビジネスゲームの提供も行ってまいりたいと思います。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ