2017年2月8日

「汚れた企画書の謎」概要|謎解きチームビルディング研修

タグ: ゲーム, チームビルディング, 研修, 謎解き,

«
»


今回は、謎解きチームビルディング研修「汚れた企画書の謎」の概要と、 
どういったゲームかというのをご紹介します。

汚れた企画書の謎
 

謎解きチームビルディング研修「汚れた企画書の謎」

謎解きチームビルディング研修「汚れた企画書の謎」とは、
リアル脱出ゲームのような、謎解きゲームを、企業研修用にカスタマイズした製品です。
様々な難易度の問題をチームで協力して解いて、企画書に隠された謎を解明します。
 

対象人数:20〜100名以上(1チーム 4-6名)
実施時間:約90分(説明10分、グループワーク60分、解説・まとめ10-20分)
実施環境:プロジェクター、各チームに1つのテーブル
特徴
楽しく、盛り上がるチームビルディング研修・社内レクリエーション企画を探している方向け。
・通常の謎解きより難易度を低く設定しているので、謎解き初心者でも楽しむことができます。
・キットや運営用のスライドが用意されているので、社内講師の方でも簡単に実施できます。

ストーリー(設定)

ある日、上司から全社員に緊急指令メールが届いた。

上司の机においてある企画書にコーヒーがこぼれてしまっていると。
重要な企画書であることがわかるのだが、肝心な部分が汚れていて読めない。

断片的な情報を組み合わせて汚れた企画書の謎を解け!
 
謎解き 画像
 

謎は、前半と後半に分かれています。
前半部分では、コーヒーで汚れた企画書が何の企画書なのかを解き明かします。
渡されたのは、何枚かの企画書の資料。
​前半は、以下の5つの謎解きにチャレンジします。
 
「TO(企画書が誰に宛てて送られたか)」「企画内容」「費用」「場所」「日時」

 
ここでは、「場所」の問題について紹介します。
​ 
この謎は、問題用紙の他に企画資料3(地図)と、与えられた2つの透明なシートを使って謎を解きます。
問題の指示に従って、シートと問題用紙を重ね合わせると・・・
 謎解き 画像

1・2に入る単語が分かったので、ここからは論理的思考力が試されます。
問題文を読み取って自社の場所を特定し、指示に従って目的の場所を特定していきます。

 

 
「場所の謎」は前半の謎ではかなり難易度が高い方ですが、それぞれの謎には、難易度や問題の種類(論理問題なのか、ひらめきが必要なのか等)にバラツキがあるので、チームメンバー全員が謎解きに参加しやすいように設計されています。
 
企画内容が全て解けると、一度運営スタッフ(社内講師)に提出して確認してもらいます。
正解したチームには、後半の謎が配られます。
 

謎解き後半

謎解きの後半では、この企画書の企画者の特定を命じられます。
新たに渡された資料を元に5つの謎を解き、最後の大きな謎解きにチームメンバー全員でチャレンジします。
 

最後の謎が解けた時の爽快感は、チームメンバーの一体感を高めてくれるでしょう。
 

詳細はこちら

>>汚れた企画書の謎

「汚れた企画書の謎」の無料資料請求

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、実施時期や受講人数など(300文字以内)
電話番号をご記入頂ければ、お電話でもご説明差し上げます。


【関連記事】

人気記事 TOP5

研修検索

目的:
人数:
実施時間:

過去記事 (カテゴリー別)