営業ゲーム 研修
 
昨年開発した営業を疑似体験するゲーム型営業研修「ヒアリングチャレンジ」を営業研修を行う弊社のパートナー企業である株式会社トレーナビリティーがお客様に対して実施しました。

営業研修なら 株式会社トレーナビリティー

ヒアリングチャレンジの概要

ヒアリングチャレンジ車の販売員になった設定で、来客されたお客様に対して、最適な車を提案するというゲームです。
 
ゲームを通して、お客様が真に求めているものを理解し、提案できるか?というのがポイントとなります。

ゲームの流れ


 
ゲームは販売員からお客様への質問を10回行い、カードに書かれたお客様からの回答を元に「9種類の車種」 ✕ 「色、内装などのオプション」 から最適な車を提案します。
 

 
ゲーム自体は20分程度で実施可能なので既存の営業研修のコンテンツの1つとしてもご活用いただけます。

ゲーム後の学び

ヒアリングチャレンジ
 
ゲームのあとの振り返りを通して、以下の2つのポイントを伝えます。
 

1.何が欲しいか?(What)ではなく、なぜ欲しいのか?(Why)が重要である
2.顧客も自分が本当に欲しいものをわかっていないことがある(提案の見せ所)

ゲーム実施後に振り返りを入れることで、体験からの気付きとなり、腹落ち感が高まります

まとめ

営業研修を実施予定で、座学やロールプレイングだけでない体験型ゲームをご希望のお客様はぜひ、弊社または、株式会社トレーナビリティーまでお問い合わせいただければ幸いです。

営業研修なら 株式会社トレーナビリティー

 
 


関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ