先日、某IT企業マシュマロチャレンジという研修を実施しました。
 
マシュマロチャレンジ
 
マシュマロチャレンジとは、パスタ、マシュマロ、紐、テープ、はさみを使って18分以内に自立可能で、できるだけ高いタワーを建てることを目的としたゲームとなります。
 
マシュマロチャレンジの詳しい内容についてはこちらから御覧ください。

マシュマロ・チャレンジのやり方

 
一般的に、マシュマロチャレンジはチームビルディングを目的として実施されることが多いのですが、IT企業においてはプロジェクトマネージャーのためのプロジェクトマネジメント入門研修としてマシュマロチャレンジを活用頂けると考えています。
 
具体的にはITのプロジェクトマネージャーがプロジェクトをマネジメントしていく際に必要な考え方がマシュマロチャレンジというゲームの中に含まれていることです。
 
言い換えればマシュマロチャレンジはプロジェクトマネジメントを疑似体験できるということになります。

マシュマロチャレンジとプロジェクトマネジメントの類似性

なぜ、マシュマロチャレンジがプロジェクトマネジメントを疑似体験できるのか、その類似性について紹介したいと思います。
 
マシュマロチャレンジ プロジェクトマネジメント
 
一般的なチームの18分の使い方は上の画像のようになっています。
 
左から順にITのプロジェクトでいうところの、企画、設計、開発、テストに該当します。
つまり、ウォーターフォール型の開発プロセスになっているということになります。
 
しかしながら、このやり方だとほとんどのチームが、最後のマシュマロを置くプロセス=結合テストマシュマロの重みにタワーが耐えられずタワーが崩れてしまいます。
 
つまり、プロジェクトの失敗を意味します。それに対して、幼稚園児がマシュマロチャレンジを行うと下図のようなプロセスを取ると言われています。
マシュマロチャレンジ プロジェクトマネジメント
 
この図を見ていただくと、こちらのプロセスはいわゆるアジャイル型だとわかって頂けるでしょう。
 
もちろん、ウォーターフォールよりもアジャイルが優れているということを言いたいわけではありません。
 
マシュマロチャレンジは仮説、計画を立て、チームメンバーで協力し、リスクをヘッジしながらタワーを構築し、テストを行うというプロジェクトマネジメントの疑似体験ができるゲームであるということがわかって頂けるかと思います。
 
特にプロジェクトマネージャーにとってはメンバーの管理やタイムマネジメントなどの要素も学ぶことができます。
 
もちろん、ゲーム後の振り返りを通して、いつものプロジェクトマネジメントとゲームの違いなどをディスカッションしながら学びを促していくという形式になります。

まとめ

マシュマロチャレンジはITのプロジェクトマネージャーのためのプロジェクトマネジメント入門研修としてウォーターフォール型、アジャイル型の違いや、メンバー・時間のマネジメントの重要性を学ぶことができる体験型研修です。
 
マシュマロチャレンジの詳細はこちらから御覧ください。

マシュマロ・チャレンジのやり方

 
 


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ