今回はタイトル通り、管理職研修でぜひ伝えておきたい目的と目標の違いについて書いていきたいと思います。

もちろん、管理職研修のみならず、新入社員研修で伝えていただいてもよいかと思いますが、メンバーに目的や目標を示す立場である管理職にこそより必要な知識かと思います。

レンガの話し

目標 目的 レンガ
出典:http://blog.livedoor.jp/ff_polaris/archives/41252746.html

目的と目標の違いを説明するための小話としてレンガの話しがあります。

世界中をまわっている旅人が、ある町外れの一本道を歩いていると、
一人の男が道の脇で難しい顔をしてレンガを積んでいた。
旅人はその男のそばに立ち止まって、

 「ここでいったい何をしているのですか?」

と尋ねた。

 「何って、見ればわかるだろう。レンガ積みに決まっているだろ。
  朝から晩まで、俺はここでレンガを積まなきゃいけないのさ。
  あんた達にはわからないだろうけど、暑い日も寒い日も、
  風の強い日も、日がな一日レンガ積みさ。
  腰は痛くなるし、手はこのとおり」

男は自らのひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。

 「なんで、こんなことばかりしなければならないのか、
  まったくついてないね。
  もっと気楽にやっている奴らがいっぱいいるというのに・・・」

旅人は、その男に慰めの言葉を残して、歩き続けた。

もう少し歩くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会った。
先ほどの男のように、辛そうには見えなかった。
旅人は尋ねた。

 「ここでいったい何をしているのですか?」

 「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事でね。」

 「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

 「なんてことはないよ。この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。
  ここでは、家族を養っていく仕事を見つけるのが大変なんだ。
  俺なんて、ここでこうやって仕事があるから家族全員が食べて
  いくことに困らない。大変だなんていっていたら、バチがあたるよ。」

旅人は、男に励ましの言葉を残して、歩き続けた。

また、もう少し歩くと、
別の男が活き活きと楽しそうにレンガを積んでいるのに出くわした。

 「ここでいったい何をしているのですか?」

旅人は興味深く尋ねた。

 「ああ、俺達のことかい?
  俺たちは、歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!」

 「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

 「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ!
  素晴らしいだろう!」

旅人は、その男にお礼の言葉を残して、
また元気いっぱいに歩き続けた。

引用元

お分かりいただけたでしょうか。最初の男にはレンガを積む目的が無く、2番目の男は家族を養うためにレンガを積み、最後の男には世のため・人のためにレンガを積んでいるのです。

たとえ、3人の男に与えられている目標が1日100個のレンガを積むことだったとしても、目的はそれぞれ異なるのです。そして、恐らく最もモチベーション高く仕事に取り組めるのは最後の男でしょう。

目的と目標の違い

一度、目的と目標の違いをまとめてきましょう。

いかがでしょうか。管理職研修で目的と目標の違いを説明する理由としては、目標を示すことはあっても、目的を示せないとメンバーはレンガ積みの1番目、または2番目の男になってしまう可能性があるからです。

メンバーにモチベーション高く、自分の仕事に意義を持ってもらうためには目的を示す必要がありますし、目的がしっかりと伝わっているかを確認する必要があります。

目的を示しているか体験するワーク

部課長ゲーム

管理職が普段の業務の中で目的をしっかりと示せているかどうかを確認するワーク部課長ゲームというゲームがあります。

このゲームはチームで協力してとある問題を解決することが求められるのですが、上司となる部長役にのみ、ゲームのクリア条件が伝えられます

部長は他のメンバーにもクリア条件が伝えられていると勘違いし、ゲームを進めますが、他のメンバーはクリア条件を知らないため、なぜ部長がそんなことを言うのか、自分たちが何を目指してゲームをやっているのかわからないまま進んでいきます。

部課長ゲームについての詳細はこちらをご覧頂くとして、これがまさに管理職にありがちなことなのです。

部課長ゲームのやり方

管理職研修で目的と目標の違いや、目的を伝えることの重要性を伝えたい場合にはぜひ活用下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。目的と目標の違いや、それをうまく伝えるためのストーリー、また、研修で使えるワークをご紹介してきました。

研修実施の際の参考になれば幸いです。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ