コンセンサスゲーム 無人島
 
コミュニケーション研修や、採用選考のグループワークで利用可能な「無人島での出来事」というゲームを紹介します。
コンセンサスゲームとはチームメンバーとの合意形成(コンセンサス)を行う必要があるゲームです。
 
「無人島での出来事」は無人島に流れ着いた5人の登場人物の中から「許せない」人物を決めていくコンセンサスを求めるゲームです。
 
具体的には、まず自分の意見を提示し、その後、チームで話し合いながら全員で1つの結論を導くという流れになります。
 
時には意見が対立するときもあるでしょう。それを多数決や、諦めではなくしっかりと話し合って合意することを目的としています。

無人島での出来事のルール

昔、とある船が嵐のため沈没しました。乗客は2隻のボートに別れて漂流しました。
 
一隻には若い女性と水夫と老人が、もう一隻には女性のフィアンセとフィアンセの親友が乗っていました。
 
若い女性の乗ったボートはある無人島に漂着しました。
若い女性はフィアンセも同じ島に流れ着いていないか島中を探しましたがどこにもいませんでした。
 
少し離れたところに同じような島があることに気づいた若い女性は、フィアンセがあの島に流れ着いているかもしれないと思い、水夫にその島に連れて行くよう頼みました
 
水夫は一晩自分と過ごすことを条件に了承しました。
若い女性は悩み、老人に相談しました。
老人は「私には判断できない。あなたにとって何が1番大切か考えて判断しなさい。」と助言しました。
 
若い女性は、水夫と一晩共にし、水夫は約束どおり若い女性を隣の島へ運びました
 
無人島に辿り着くと浜辺にフィアンセが立っていました。
若い女性は嬉しさのあまりボートから海に飛びこんでフィアンセに駆け寄り抱き締めました。
 
若い女性は、迷いながらも水夫に抱かれたことを正直にフィアンセに話しました
フィアンセは落胆し彼女を突き飛ばしどこかへ去ってしまいました
 
悲しむ女性にフィアンセの親友が近づき「僕のほうからいつかフィアンセに話すから、それまで僕が君と一緒にいてあげるよ」と言いました。
 
若い女性、水夫、老人、フィアンセ、フィアンセの親友の5人で許せないと思う順位を付けて下さい。(最も許せない人が1となります。)
 

「無人島での出来事」のやり方

ゲームは以下の流れで実施されます。

1.ルールの説明
2.まずは個人で考えます(10分間)
3.グループ(4〜6名)で考えます(15分)
4.グループごとの発表(優先順位とその理由)
5.振り返り

全体を通して1時間〜1時間半程度となります。
なお、この問題には模範解答がありません。

コンセンサスゲームのポイント

コンセンサスゲームのポイントは以下の4点です。

グループで考えることのメリットの理解
合意形成を行うためのコミュニケーションスキルの把握
・合意形成の難しさの体感
・コミュニケーションスキルの理解

他のコンセンサスゲーム問題

NASAゲームのやり方


 

砂漠からの脱出のやり方

弊社では準備工数を掛けずにこのゲームを実施したい方運営スライド、ファシリテーター向け動画マニュアル等をご提供しています。(有料となります。)
詳細はお問い合わせください。
 

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。
研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、ご希望のゲーム名、実施時期や受講人数など(300文字以内)
電話番号をご記入頂ければ、お電話でもご説明差し上げます。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ