2015年5月4日

目標設定の際に参考にしたいsmartの法則とは

タグ: smartの法則, 目標設定,

«
»


多くの企業内では目標による管理が行われています。MBO制度を取り入れている
企業も多いでしょう。
 
しかし、どのように目標を設定すべきか、というところまで意識されているでしょうか。
目標設定はとても良いことですが、あまりにハードルの高い目標は逆に
モチベーションを下げますし、簡単すぎる目標では意味が無いでしょう。
 
目標設定の方法としてSMARTの法則がよく知られています。
5つの英単語の頭文字を取ってSMARTとされており、わかりやすい名前も
その知名度に一役買っていることでしょう。

SMARTの法則とは

以下の5つの英単語の頭文字を取った目標設定方法です。
 

Specific = 具体的であること、わかりやすいこと
Measurable = 計測可能であること、数字になっている
Achievable = 達成可能であること
Realistic = 現実的であること
Timely = 期限が明確であること

別バージョンのSMARTの法則

実はSMARTの法則は別バージョンも存在しています。
具体的にはAとRが上記とは異なります。
 

Specific = 具体的であること、わかりやすいこと
Measurable = 計測可能であること、数字になっている
Agreed upon = 同意していること
Result-oriented =成果に基づいていること

Timely = 期限が明確であること

 
具体例を参考に2つのバージョンの使い勝手について考えてみたいと思います。

SMARTの法則を使った目標設定例

とある営業マンの営業成績を上げるという目標をSMARTの法則を使って
具体的に考えてみましょう。
 

S(具体的であること) = アポ取得率を上げること
M(計測可能であること) = アポ取得率を現在から20%増やすこと
A(達成可能であること) = 20%は達成可能な目標だと思われる
R(現実的であること) = 20%は現実的な目標だと思われる
T(期限が明確であること) = 3ヶ月後までに達成すること

 
時間があればご自身の目標についてSMARTの法則に当てはめて考えてみて
頂きたいのですが、M,A,Rの区別が無くなってしまいます。
 
そういった意味で、企業内でSMARTの法則を利用される場合は
Agreed upon = 同意していること
Result-oriented=成果に基づいていること
を利用するのをおすすめ
します。
 
この2つを利用した場合の目標設定を見てみましょう。
 

S(具体的であること) = アポ取得率を上げること
M(計測可能であること) = アポ取得率を現在から20%増やすこと
A(同意していること) = この目標に上司、部下が同意していること
R(成果に基づいていること) = アポ取得率向上が営業成績の向上に効果的であること
T(期限が明確であること) = 3ヶ月後までに達成すること

 
どうでしょうか。こちらの方が、より適切な目標を設定できると思いませんか。
目標に納得感がなければ達成への意欲は湧きませんし、
その目標が成果に直結しなければ、目標は達成できたが、成績は上がらなかった
という不幸は起こりません。
 
目標設定の際にはぜひSMARTの法則を取り入れてみてください。


【関連記事】

研修検索

目的:
人数:
実施時間:
ご予算:

人気記事 TOP5

過去記事 (カテゴリー別)