ここ最近、体験型研修のニーズが高まっているように感じます。
 
体験型、参加型の研修をお探しの方は、「座学型の研修に受講者が飽きている」「体験型の研修の方が満足度が上がる、面白そうだ」と思っている方も多いと思います。
 
満足度や面白さは座学型の研修でも体験型でも内容次第というのが私の思いですが、しかし、知っていただきたいのは体験型研修は面白いだけではなく、学習効果も高いということです。
 
そこで今回は学習効果のピラミッド(ラーニングピラミッド)をご紹介したいと思います。

学習効果のピラミッド(ラーニングピラミッド)

学習効果のピラミッド
 
学習効果のピラミッド(ラーニングピラミッド)は1960年代初期に NTL ( アメリカ国立訓練研究所 National Training Laboratories)が提唱したものです。
 
なお、学習効果とはここでは、学習定着率を意味しており
一定期間後の知識量としてどれだけ定着しているか、を示したものです。
 
最も定着率が悪いのが講義、次いで、読書と続き、最も定着率が高いのが他の人に教えること、そして、体験することとなっています。
 
まさに、座学だけの研修よりもワークを取り入れたり、全体の設計を体験型にしたほうが学びの定着率が高いということになります。

「教育」から「学習」へのパラダイムシフト

学校教育でも座学中心の「教育」から、アクティブラーニングと呼ばれる体験型の「学習」へのパラダイムシフトが起こっています。
 
基本的な考え方として、すでに答えのある問題を正確に解く能力よりも、まだ答えのない問題にし対して主体的に考え、必要な時に必要な知識を学ぶことのできる人材の育成が求められるのだと思います。
 
これは企業における人材育成、人材開発においてはより求められていることでしょう。

ビジネスゲームと体験型研修

弊社ではビジネスゲームと呼ばれる研修用のゲームを用いて、ゲームを実施し、振り返り、講義、ディスカッションという形式で体験型研修を実施します。
 
下記のスライドでは体験型研修が求められる背景や、その具体的な手法などを紹介しておます。ご覧頂ければ幸いです。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。まずは体験型の研修が面白いだけではなく、効果も高いということを知って頂ければ幸いです。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ