仕事における目標設定の具体的な方法としてビンゴを用いたインセンティブビンゴという方法があります。
 
この方法は株式会社リンクアンドモチベーションの代表取締役小笹さんの著書「モチベーションマネジメント」で紹介されている方法です。
 

インセンティブビンゴとは

インセンティブビンゴは部門や個人の目標を3×3のマスに配置します。
 
インセンティブビンゴ
 
各目標が達成されたらそのマスにチェックが入ります。
ビンゴの要領で、縦、横、斜めの全てのマスにチェックが入ったらその列の達成者(もしくは部門)に特別なインセンティブ(報酬など)を与えます。
 
目標達成 ゲーム

インセンティブビンゴの効果

インセンティブビンゴは目標設定にゲームの要素を加え、達成したくなる仕組みにしています。
 
例えば、縦の2マスにチェックが入っていて、あと1マスでビンゴが完成する時、その1マスの他の人の目標達成をサポートしたくなります
たとえサポートまではしなくても、他の人(部門)の目標、仕事に興味・関心を持つでしょう。
 
目標達成 例
 
これが組織の壁を壊すきっかけになるのでは、と考えています。

インセンティブビンゴのポイント

ビンゴのどの場所に、どの目標を配置するか、ということに関して、本の中では
 

真ん中に最も目標数字の大きい目標
四隅に次に目標数字の大きい目標

 
を配置すると記述されています。
 
個人的には真ん中には複数人が関係する目標(部門や事業部など1つ大きい単位)を配置すると更に効果が高い気がしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
インセンティブビンゴはコスト0で実施できる目標設定方法としてとても有益だと思います。ぜひ参考にしてみてください。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ