2015年5月27日

内定者懇親会で脱出ゲームを実施 (株式会社マイネット様)

タグ: 内定者懇親会, 脱出ゲーム,

«
»


この時期、内定者懇親会を開催される企業様も多いと思います。
内定者懇親会の内容としては内定者同士の自己紹介、社員との座談会、食事会、
社長の話し等が考えられると思います。

今回はスマートフォンゲーム事業などを営む、株式会社マイネット様の内定者懇親会
にて弊社の脱出ゲーム「緊急脱出」をご利用いただいた際のご感想を頂きましたので
導入事例として掲載したいと思います。
 
JIN_4120

ご担当者様

株式会社マイネット 金田幸枝 様

利用の目的

2016年度の新卒内定者の初めての顔合わせの場で、アイスブレイク的に利用し、
みんなの緊張をほぐし、コミュニケーションをとりやすい雰囲気を作るため

受講人数と属性

内定者6名
(企画職4名、エンジニア職 1名、デザイナー職1名)

受講者の感想

とても楽しんで取り組む事が出来ました。初対面の方の人間像を捉える事に適しており
また仲良くなることができるゲームだと思いました。
机を囲んで話し合うのではなく、立って身体を動かしながらコミニュケーション
取り合う事でよりアツく、より楽しくゲームに入り込めたと思います。
難易度もそう高くはなく、初対面の人と打ち解けるレクリエーションとしては丁度いいと感じました。
脱出ゲームは初めてだったのですが、こういう謎解きゲームは好きなのでとても面白かったです。
コミュニケーションを取らざるを得ない仕組みになっているのでアイスブレイクにはもってこいだなと感じました。
最初、内容を知った時点ではルールの文も多く、難しく感じました。しかし、実際行ってみると、
1.ひとつずつ情報を整理することと 2.数字の暗号を解くなどのアイデア力の両方を試す問題で
難問というわけではなく、良問だと思いました。
初対面の人と協力し、打ち解けるにはもってこいの課題だと思います。
タイムが良かったのは、皆がそれぞれ違う思考回路をもっていたからだと思いました。
コミュニケーションをとらないと解決できない要素がいくつかあり、
初対面の人間が打ち解けるには最適だと感じました。

JIN_4124

担当者としての感想

座学ではなく身体も適度に動かすことで、初対面でも会話がしやすいゲームだった。
少しルールが多く、なかなか理解するのは難しいかと思ったが、ルールの多さも会話を
増やすきっかけ
になったように感じた。

最初は遠慮しがちに取り組み始めたが、次第にファシリテートしたり、確認役をしたりと
役割分担ができていったことも見られた。30分という短時間で取り組めることもよかったです。
想定達成時間よりも早くにできたことで、本人たちも嬉しかったようでした。

JIN_4125

実施した脱出ゲームについて

今回実施した脱出ゲームは弊社の「緊急脱出」というゲームになります。

脱出ゲームの詳細を見る

お問い合わせはこちらから

企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

お問い合わせ内容

※必須

研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、実施時期や受講人数など(300文字以内)
電話番号をご記入頂ければ、お電話でもご説明差し上げます。


【関連記事】

過去記事 (直近5件のみ)


研修検索

目的:
人数:
実施時間:

過去記事 (カテゴリー別)