2015年6月11日

PDCA研修で使える4つのゲーム

タグ: PDCA, ゲーム, 研修,

«
»


仕事の進め方を教える、業務効率化を促進するなどの目的でPDCAに関する研修
実施される企業様が増えています。
 
ただし、PDCAとは何か、どうやって使うのか、を座学で説明しただけでは
それこそまさにP(Plan = 計画)に過ぎず、PDCAの使い方をDo,Checkできていない
ことになります。
 
そこで、PDCA研修の中でのワークを入れて、実際にPDCAサイクルを
回してもらうことで理解を促進
することが重要です。
 
今回はPDCA研修で利用できるゲームを4つご紹介したいと思います。

PDCAとは

もはや書くまでもありませんが、PDCAは
 

Plan = 計画
Do = 実行
Check = 評価
Action = 改善

の略となっており、下図の様にPDCAサイクルという形で表現されます。
 
pdcaサイクル

もともとは、
生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進めるための手法として、
ウォルター・シューハート、エドワーズ・デミング博士により提唱されました。

PDCA研修で使える4つのゲーム

1.マシュマロチャレンジ

マシュマロチャレンジ
 
1つめのゲームはマシュマロチャレンジというゲームです。
4名1チームで、乾燥パスタ、テープ、紐、マシュマロを使って
自立可能で、できるだけ高いタワー立てることを目標とするゲームです。
 
18分間の実施で世界記録は99cmとされており、世界記録を目指すため、
PDCAサイクルを回しながらゲームを複数回実施します。
 
マシュマロチャレンジ キット
 
準備工数も比較的少なく、1〜2時間で実施可能なことから導入しやすいゲームだと
思います。

マシュマロチャレンジのやり方

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

2.ペーパータワー for ビジネス

ペーパータワー 建築
 
ペーパータワーはマシュマロチャレンジ同様、研修でよく実施されるゲームです。
準備物はマシュマロチャレンジよりも少なく、A4の用紙を20〜30枚使って、
自立可能で、できるだけ高いタワー立てることを目標とするゲームです。
 
と、ここまでは、マシュマロチャレンジと同じなのですが、
弊社ではペーパータワーを発展させ、財務的な要素(売上、原価、利益など)
を盛り込んだ、ペーパータワー for ビジネスを開発しました。
 
特に、製造業のお客様でPDCAを体感させたいというお客様に適しています。
 
ペーパータワーforビジネス

ペーパータワーを拡張した経営シミュレーションゲーム

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

3.ドミノ倒しゲーム ロングタイムドミノ

ロングタイムドミノ
 
3つめのゲームはドミノ倒しを応用したPDCA体験ゲームです。

複数のチームに分かれて、それぞれに与えられたドミノを制限時間内に並べて、
「いっせーのーせ」で倒し始めた時、最も長い時間、ドミノが倒れているチームの勝利です。
(最後にドミノが倒れ終わったチームの勝利)
 
部屋にあるものをなんでも利用して良いというルールに
することでドミノ以外もうまく活用するとゲームの幅が広がります。
ドミノ ゲーム
 
1回戦終了後、他のチームがどんな方法を使ったのかを見ることでPDCAサイクルを回し、
ゲームを複数回実施します。

【導入事例】クックパッド様でドミノを使った内定者ワークを実施

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

4.ビジネスゲーム THE商社

THE商社
 
4つめのゲームはビジネスゲームと呼ばれる仕事の要素を取り入れたゲームです。
これまで紹介した3つのゲームよりも、より現実の仕事に近いゲームとなります。
 
4~6名で1チームとなり、他のチームとカードの交換などの交渉・営業活動
行いながら、利益の最大化を目指すゲームです。
 

 
チームの中で役割分担(営業役、情報収集役、社長役など)や、情報共有、
他のチームに勝つための戦略や発想が必要
となります。
※ソニー生命保険株式会社や、証券大手のN証券様、S監査法人様などで導入されています。
 
ゲームは現実と同じ四半期制(1四半期はおよそ15分)で行われ、PDCAサイクルを回しながら
戦略を変えていくことが求められます。
 
1回のゲームに掛かる時間は振り返り時間も含めて2時間ですが、ゲームを2回(合計3時間半〜4時間)行うことで
より仕事に近い形でのPDCAサイクルを回すことができます。

THE商社実施の流れ

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

お問い合わせ

弊社では上記でご紹介したコンテンツを講師派遣、または、キットのレンタル(社内講師で実施可能)
の2パターンでご提供しております。(有料)
社内講師で実施したいが、準備に工数が掛けられない場合も含め
お気軽にご連絡頂ければと思います。
 
各コンテンツの詳しい資料の請求(無料)はこちらからお問い合わせ下さい。
 

お問い合わせ内容

※必須

企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

 
研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

 
その他、実施時期や受講人数など(300文字以内)
電話番号をご記入頂ければ、お電話でもご説明差し上げます。

 


【関連記事】

人気記事 TOP5

研修検索

目的:
人数:
実施時間:
ご予算:

過去記事 (カテゴリー別)