一般に、OJTトレーナーにはコーチングのスキルが必要だとされています。
実際に、研修会社によるOJTトレーナー研修コーチングの単元が含まれていることが多いです。
 
また、コーチングとは以下の様に定義されています。
 

対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。
相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。
参考:Wikipedia

ここでは簡単に「新入社員のサポートをすること」とします。

GROWモデルとは

そんなコーチング理論の1つにGROWモデルという理論が存在しています。

GROWとは以下の頭文字を取ったフレームワークです。
 

G:Goal ⇒ 目標の明確化
R:Reality ⇒ 現状の把握
O:Options ⇒ 選択肢の創造
W:Will ⇒ 目標達成の意思

※RにはResource ⇒ 「資源の発見」が追加されることがあります。

GROWモデルの具体例

具体的な使用法について見て行きましょう。
例えば、新入社員 Aさんが「テレアポを取る」という業務を行っていたとしましょう。
しかしながらAさんはなかなかアポが取れません。
 
そこでOJTトレーナーであるあなたに相談に来ました。
Aさん「先輩、テレアポが全く取れずに悩んでます。相談に乗ってくれませんか。」
あなた「もちろん、ちょっと話そうか。」

G:Goal ⇒ 目標の明確化

あなた「今の目標ってなんだっけ?」
Aさん「今週中にテレアポを5件取ることです。」
あなた「そうだよね、今週中だから残り2日で5件ってことだよね。
Aさん「そうです。」

R:Reality ⇒ 現状の把握

あなた「今は何件取れてるんだっけ?
Aさん「今は1件だけです。」
あなた「お、1件は取れてるだね。いいじゃん。」
Aさん「はい、ただ5件には遠くて。それで悩んでます。」
あなた「なるほど、つまり、あと2日で4件のアポを取る必要があるんだね。」
Aさん「そうです。」

O:Options ⇒ 選択肢の創造

あなた「1件取れた時はどういう感じだったの?」
 
Aさん「いつも通りの話をしたところ、お客さんが、他の会社で例えばどこが使ってるの?と聞かれて、◯✕さんが使ってます、と答えたらアポが取れました。」
 
あなた「なるほどね、大手企業への導入実績を聞いて安心したのかもね。」
 
Aさん「そうかもしれないですね、そういうのって伝えても大丈夫なんですか?」
 
あなた「会社として公表しているものに関しては大丈夫だよ。」
 
Aさん「そうなんですね、よくわかっていなくて。」
 
あなた「そうだよね、例えば、◯✕社で導入しているというのを先に伝えてみるのはどうかな?うまく行ったやり方を試してみるってのは。」
 
Aさん「そうですね、いいかもしれません。」

W:Will ⇒ 目標達成の意思

あなた「OK、一回これでやってみよう。」
Aさん「はい」
あなた「途中で進捗を確認するなら、いつがいいかな?
Aさん「トークスクリプトを直してみて実施するので1時間半後でいいでしょうか。」
あなた「OK、じゃあ1時間半後に進捗確認しよう」
Aさん「はい、ありがとうございました。」

まとめ

いかがでしたでしょうか。 

まとめておきます。GROWモデルとは以下の頭文字を取ったものです。

G:Goal ⇒ 目標の明確化
R:Reality ⇒ 現状の把握
O:Options ⇒ 選択肢の創造
W:Will ⇒ 目標達成の意思

上記の例の様にGROWのフレームワークに合わせて話すことで相手に考えさせながら、サポートすることが可能です。
ぜひ、活用してみてください。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ