バラバラな情報をつなぎ合わせて答えを導き出せ。

ジグソーメソッドを使ったコミュニケーション研修


野球のポジション当てゲーム

資料の請求(無料)はこちら

こんなコンテンツをお探しの方にオススメですRecommendation

新入社員研修で使えるコミュニケーションゲームを探している

報告・連絡・相談の重要性が伝わる研修を探している

座学ではなく、体験型・ゲーム型の研修を探している

上記のような研修のニーズをお持ちのお客様に向け、体験型のビジネスゲーム研修をご提供します。
全社でのキックオフミーティングや、オフサイトミーティング、労働組合での勉強会などでもご活用頂けます。

「野球のポジション当てゲーム」のご説明Overview
野球のポジション当てゲーム カード

野球のポジション当てゲームとは


チームで協力して、1つの回答を導き出すことを目的とした協力型の論理ゲームです。


ジグソーメソッドと呼ばれる、各人が持っているバラバラな情報を口頭でのコミュニケーションでつなぎあわせ、時間内に正解を導き出します。


4-6人が1チームとなり、各自3-4枚の情報カードが配られます。情報カードには、野球大会のメンバーとポジションの情報が記載されています。


自分の持っているカードを他の人に見せる事はできません。口頭のみのコミュニケーションで情報を伝える必要があるので、必ずチーム全員が参加する事が求められます。


カードの内容を単に読み上げるのではなく、回答を導き出すのに重要なポイントのみを伝える必要があるので、論理的に伝える事の重要性を学ぶことができます。


正解を導き出すためには集まった情報を整理する必要があり、情報整理のための図表の使い方を理解することができます。

「野球のポジション当てゲーム」 実施の流れ

野球のポジション当てゲーム 実施要項Requirements
野球のポジション当てゲーム 実施 コミュニケーション研修 ゲーム

人数

4〜100名以上

1チームにつき4〜6名を推奨。

実施時間

推奨 約1時間〜1時間半

ゲームの説明10分、実施30-40分、答え合わせ・振り返り10-30分。

運営方法

・キットレンタル
・講師派遣

金額

キットレンタル ¥30,000〜(10名までの場合)

講師派遣 ¥150,000〜


レンタルには社内講師向けの動画、資料マニュアルをご用意しております。
詳細についてはお問い合わせください。
Document request 資料請求(無料)のお申込み
お問い合わせ内容 ※必須
企業名 ※必須
ご担当者様氏名 ※必須
メールアドレス ※必須 メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。
研修目的 ※必須
その他、実施時期や受講人数など(300文字以内) 電話番号をご記入頂ければ、お電話でもご説明差し上げます。
TOPに戻る
お問い合わせ