クックパッド様などで導入。貸借対照表、損益計算書の構造を2時間で理解する。

ビジネスゲームを用いた会計・財務基礎研修

財務研修ゲーム「財務の虎」

 資料の請求(無料)はこちらから

こんなコンテンツをお探しの方にオススメです

会計・財務の基礎知識を身に付けさせたい

・座学ではなく、体験型・ゲーム型の研修を探している

・社員に経営者視点を持って欲しい

上記のような研修のニーズをお持ちのお客様に向け、体験型のビジネスゲーム研修をご提供します。


「財務の虎」のご説明

財務の虎とは


・貸借対照表、損益計算書などの
 会計・財務知識をゲームを通じて学ぶ
 ことを目的としたゲームです。


・ゲームを使って学ぶことで「難しい」と
 敬遠されがちな会計・財務研修
 を楽しみながら学ぶことができます。 


・ゲームは2つのレベルで構成されており
 徐々に難易度が上がる設計となっています。


・各レベルの学習目標は以下のとおりです。

 レベル1:BS / PLの構造の理解
 レベル2:利益とキャッシュの違いの理解

  ※売掛金や減価償却などの概念が追加されます。

 資料の請求(無料)はこちらから


財務の虎 実施要項
ビジネスゲーム実施

人数

推奨 3〜25名

1チームにつき3、4名を推奨。

実施時間

推奨 2時間〜6時間

※1つのレベルの実施で約2〜3時間の
 実施時間となります。

運営方法

・講師派遣

・カードキットの貸し出し
 (社内講師による実施)

金額

¥150,000〜

※レベル1のみ(3時間)の実施の場合

キットレンタルのみ ¥80,000 (税別)

レベル1、および、2を実施するキットのレンタル

レンタルには社内講師向けの動画、資料マニュアルをご用意しております。
詳細についてはお問い合わせください。

 資料の請求(無料)はこちらから


導入事例のご紹介
財務研修 ゲーム

クックパッド株式会社 様

ご担当者様:経営管理部 葛西 史範 様

キットレンタルで実施(葛西様が講師)


Q.会計・財務研修ゲームを導入されたきっかけを教えてください

A.座学だけでは取っつきにくい内容だと考えたため、
基礎的な財務の用語や大まかな流れを学べるゲーム形式
の研修を探していました。

段階別に学んでいける形式や
ゲームに盛り込まれている内容が求めていたレベル感
であると考え、導入を決めました。


Q.ゲームを受講された対象者について教えてください

A.2016年4月入社の新入社員19名と、
参加者とは別に各チームへのサポート役として、
経理部のメンバーが入りました。


Q.実施してみてどのような効果があったと思われますか?

A.ゲーム研修の前後に座学の研修を挟んだのですが、
ゲーム研修後は座学部分への取り組み姿勢や
興味関心度も高まっている
ように感じました。

座学で聞いた用語が、彼らの中でつながったのでは
ないかなと思います。


Q.全体を通して葛西様の率直な感想を教えてください

A.とても有意義な研修でした。会計の講師をする上で
一番苦労するのは、B/Sのストック、P/L及びC/Fのフロー
という概念を説明することです。

この点、ゲームを利用することで、単なる言葉での理解
ではなく、体で覚えることができた
と思います。


Q.最後に、受講者の感想の中で印象的なものがあれば教えてください

A.BS、PL、キャッシュフローや、減価償却など、
言葉だけ知っていたような 事がゲームの中に組み込まれていた
ので、体で覚えることができた。

大学ゼミ時代に、まるで駄目でイラつきしか覚えていなかった
会計を非常にわかりやすく、復習・理解ができたので、
とても良かったです

経営者の視点を持つきっかけになりそうだなと思った

キャッシュフローを考える上でキャッシュが尽きないようにする
ことはもちろん重要だが、投資から回収までの間隔を短くして
素早くサイクルを回していくことが重要
だと感じた。


 資料の請求(無料)はこちらから


資料請求(無料)のお申込み
お問い合わせ内容
※必須

企業名
※必須

ご担当者様氏名
※必須

メールアドレス
※必須
※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

研修目的
※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、実施時期や受講人数など(300文字以内)
電話番号をご記入頂ければ、お電話でもご説明差し上げます。