これまで日本ではROEによる経営が注目されてきましたが、ここ数年でROICまたはROIC経営という言葉を使った書籍が増えてきました。

企業価値評価に関する書籍を読めば、企業価値を高めるためにはROEよりもROICに注目すべきなのがわかります。(当然、WACCも重要です)

ROICとは

ROIC投下資本利益率のことで、Return On Invested Capitalの略で、投資した資本から生み出した利益の率という意味になります。

計算式としては以下のようになります。

ROIC = NOPLAT ÷ IC

NOPLAT = 営業利益 ✕ (1-税率)

IC = 株主資本+有利子負債
または、
IC = 固定資産+運転資金(=売上債権+在庫-支払債権)

※NOPLAT = みなし税引後営業利益
Net Operating Profit Less Adjusted Taxes

IC = 投下資本
Invested Capital

ICについては資産ベースで見る場合(固定資産+運転資金(=売上債権+在庫-支払債権))と、負債+純資産ベースで見る場合(株主資本+有利子負債)の両方が存在しています。

ROEやROAとROICの違いは基本的には分母の違いで、ROEがEquity=株主資本、ROAがAssets=総資産なのですから、ROICの方が事業に投下した資本に対するリターンという点で事業の効率をより正確に見ることができます。
※本来はROEは分子に税引き後当期純利益、ROAは経常利益を使うのが分子分母の一貫性という意味では良いと思います。

ROIC経営を体験するゲーム型研修

座学でこのように説明すればROICの計算式や、重要性はなんとなくわかった、となると思いますが、実際にそれを意識して経営できるかは別問題です。

弊社では財務・会計研修に経営シミュレーションゲームを用いることで体験型の学びを提供しています。

製品を仕入れて、販売するというシンプルなゲームに借入、売掛・買掛、設備投資などの要素を加え、黒字倒産の発生理由やBS/PL/CFのつながりを理解することができます。

このゲームを用いて、ROICの理解、およびROEやROAとの違いを体感することができます。もちろん、ゲーム後には振り返りと講義が含まれていますのでゲームだけではなく理論的にも理解を深めていきます。

講義だけでなく、体験型の財務会計研修をお探しの場合は下記からお問い合わせください。

無料資料請求のお問い合わせ

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。
研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、ご希望のゲーム名、実施時期や受講人数など(300文字以内)


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ