今回は弊社のオンラインビジネスゲーム研修が一体どれぐらいの企業に利用されているのか?ということについて書いていきたいと思います。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で弊社が提供するビジネスゲームを用いた対面形式での研修は2020年の3月以降実施しづらくなりました。

そこで、弊社では Zoom や Microsoft Teams といったビデオ会議システムを用いたオンラインでのビジネスゲーム研修を他社に先駆けて2020年の5月より提供開始してまいりました。

サービス開始から1年で250社以上が導入!

サービス提供から1年が経過し、2021年4月末時点で導入社数は250社以上、リピートを含む実施回数は350回以上という実績を上げることが出来ました。

導入社数以上に実施回数が多いのは、新卒採用の選考のシーンで複数回ご利用いただいた企業様があったことや、企業内のある部署で導入した結果、満足度が高かったため、他の部署でも導入いただいたという理由となります。

導入企業様の業界業種も様々で、メーカー、製薬、通信、銀行、広告、保険、IT、コンサル、アパレル、法律事務所などなど多業種に導入されています。また、労働組合や青年会議所での実施も多くなっています。

グローバル対応としては弊社のオンラインビジネスゲーム研修は英語、中国語に対応しているものもあり、中国企業や、インドの企業でも実施した実績がございます。

多くの企業に導入いただいた背景

サービス導入の背景としては、企業ではリモートワークが進み、それに伴ってコミュニケーション不足が問題視されるようになりました。
同時に社員向けの研修や内定者懇親会なども対面形式での研修の実施が難しくなり、オンラインでコミュニケーションが取れる参加型の研修またはチームビルディングコンテンツが求められるようになったためです。

他の研修会社様もオンライン化を進める中、弊社のオンラインビジネスゲーム研修がここまで多くの企業様に実施頂けた理由として大きく3つの理由を考えいます。

1.オンライン対応が早かった

2.大人数での実施に対応できた

3.講師派遣無しで実施できる

1つめは冒頭でも書きましたが弊社では2020年の5月よりオンラインでのビジネスゲーム研修の提供を開始しました。この提供開始スピードの速さがサービスの認知・導入につながったものと考えています。

2つめは大人数での実施に対応できた、ということで、弊社では1度に最大340名での実施の実績がございます。

いわゆるウェビナー形式の研修であれば340名の実施というのは大したことのない数だと思いますが、グループワーク形式のオンライン研修では340名での実施は珍しいケースだと思います。このように大人数での実施についても対応可能で実績もあることが弊社を選んでいただいた理由の1つだと考えています。

最後に講師派遣無しで実施できるということですが、弊社ではいわゆるコロナ前でも、研修用ツールのレンタルという形で、研修実施に必要なゲームキット、及び、投影用のパワーポイント、および、講師向けの動画マニュアルを提供し、自社の担当者が講師となって研修を行う、講師無しプランを行ってきました。

オンライン版でも同様に、研修実施に必要なゲーム用システム、及び、投影用のパワーポイント、および、講師向けの動画マニュアルを提供し、講師派遣無しで実施可能としております。
これによって、講師派遣料が不要となり、低価格での提供が可能となります。

地方の中小企業様でも多く導入いただいている背景としてこのような低価格プランの存在が上げられます。

まとめ

今回はサービス開始から1年を経て、導入企業数や弊社を選んで頂けている理由について自分たちなりに分析した結果をご紹介させていただきました。
2021年5月10日現在、都市部を中心にまだ対面での研修実施が難しそうな現状ではありますが、オンラインでの実施が必要な際にはお声掛け頂ければ幸いです。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ