参考サイト:http://www.kamigu.jp/category/select/cid/384/pid/9702

社内の会議や、研修の序盤でアイスブレイクを実施する場合があります。
「はじめまして」の方がいる場合では「自己紹介」をテーマにしたアイスブレイクを実施することが多いと思いますが、いつもと同じメンバーの場合のネタに困ります

今回は市販のゲームの「トータス」をご紹介したいと思います。
5〜10分で終わり、楽しめて、安価で、コンパクトなので保存が楽、というのがオススメのポイントです。

トータスとは

トータスは「福永紙工ネットショップ かみぐ」さんで販売されているゲームです。

個人的な話ですが先日、表参道のMOMAショップに行った時に見つけ、その場のサンプルで遊んで、即購入しました。
友人宅でのパーティなどに持って行くと盛り上がりそうです。

トータスの紹介動画

トータスの概要

社内で動画を見れない方に紹介させていただくと、

・それぞれの紙コップの底の面には1〜9の数値が書いてあります

・紙コップをテーブルにたくさん置きます

・プレイヤーは紙コップを1つ裏返して、底の数値を確認します

もう1つ裏返して、2つのコップの数値を足し算します

・ぴったり10になればそのコップを自分のモノにすることができます

10未満であれば次のコップを裏返して再計算します

10を超えたらアウト!ということで、コップを元に戻します

次のプレイヤーは神経衰弱の要領で同じように10になるようにプレイします

・最終的に最も多くのコップを獲得できたプレイヤーの勝利です

このゲームの面白いところは、勝利条件が「コップの数」ということで、1+9だと2点ですが、2+3+5だと3点ということで、できるだけたくさんのコップを使って10を作ったほうが良いということです。

しかし、それを実現するには神経衰弱的な記録力や、運が必要です。

トータスはこちらのサイトから購入することができます。

http://www.kamigu.jp/category/select/cid/384/pid/9702

トータスからインスパイアされたアイデア

社内でトータスを実施して出てきたアイデアとしては、数値ではなく、アルファベットが書いてあったら面白いかもね、というものでした。

早速、紙コップを40個買ってきて、作ってみました。
このゲームについてはまた次回書いてみたいと思います。(執筆段階ではまだ完成していない・・・)


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ