今回は、最高のチームに必要な要素を学べるチームビルディングゲーム「ベストチーム」の実施の流れをご紹介します。
 
ベストチームは、ゲームを通してチームの目標達成(業績向上)に必要な要素と、チームの人間関係(関係性向上)に必要な要素を学び、両方満たしていく事で初めて会社の利益があがるゲーム設計となっています。

ゲーム後の振り返り・ミニ講義では「心理的安全性」についてや、それらを阻害する要素、組織に必要な支援について学び、最高のチームとは何かを考えるきっかけを提供します。

ベストチーム 実施要項

【対象人数】15〜100名以上(1チーム 3-5名推奨、最低5チームから)
【実施時間】1時間半〜3時間程度(標準2時間)
【予算】
・講師派遣:15万円(30名まで2時間の場合) 〜
・キットレンタル(社内講師型):5万円(30名までの場合) 〜
【特徴】
・チーム内でのチームビルディングだけでなく、他チームとも交渉を通してコミュニケーションがあります
・ゲームと振り返りを通して、チームで成果をあげるために必要なポイントを学べます(心理的安全性等)
・チーム同士で競争要素があり、ゲームとして盛り上がります

ゲームの詳しいルールについてはこちらを御覧ください。

ベストチームの詳細ルール説明

導入事例はこちらをご覧ください。

ベストチーム導入事例

ベストチーム概要

各チームは、1つの企業です。他のチームはライバル企業となります。
 
ゲームでは、22種類の「行動カード」(青色)と、それを集める事で手に入る「得点カード」(赤色)が使われます。

各チームに配られる行動カード(全22種類)は、PM理論というマネジメント理論がベースになっており、11種類の「業績を上げる行動が書かれたカード」、11種類の「関係性を高める行動が書かれたカード」に分かれています。

ベストチーム

獲得したポイントによって、会社の業績は変動し、最終的に利益を最大化させたチームの勝利となります。
 
 

ベストチームの実施の流れ

 

①ルール説明(10-15分実施)

各チームに7枚の行動カードを配り、スライドを使ってルール説明を行います。
 

②作戦タイム(3分実施)

作戦タイムでは、チーム内だけで話し合います。
今ある手元の行動カードから、最初に何を揃えるか、交渉材料にするカードはどれにするか等、行動カードに書かれている内容から獲得できるポイントを推測し、作戦を立てます。

ルールは一通り説明していますが、おそらくこの段階では明確な戦略は立てづらく、どうすれば勝利できるのかはどのチームも曖昧な状態でスタートします。

「まずは、うちのチームはこのカードを集めよう」
「私は他のチームのカードを情報収集するから、◯◯さんは積極的に交渉にあたってください」

というように、このゲームでは役割分担や情報共有がうまくできているチームが勝ちやすく、チームで働く上で必要な要素を体験することができます。

ベストチーム

③行動タイム(4分実施)

行動タイムでは、他チームとの交渉ができます。
各チームは、他のチームがどんなカードを持っているかをリサーチし、自分達に必要なカードがあれば交渉を通してカードを交換して手に入れます。

ここでは、自分が欲しいカードをただ求めるだけではなく、win-winの交渉を提案できるかどうかがポイントになります。

交渉によってカードを交換し、必要枚数を揃える事ができたら、ファシリテーターの元へ持っていきます。
ファシリテーターが確認し、その行動カードに応じた得点カードを獲得することができます。

また、カードを揃える事で、新たな行動カードも手に入ります。
どこかのチームがカードを揃えるたびに場に行動カードが増えていくので、新たな交渉が生まれます

④決算タイム(約5分)

行動タイムが終了すると、得点計算シートを使って、決算を行います。
このゲームでは、各チームは毎ターン10億円の利益がベースとして得られますが、獲得したポイントによって、ベースの10億円から利益額が変動します。

各チームのポイントはホワイトボードに記入してもらい、全チームが確認できます。

⑤第2-4期の実施(約40分)

作戦タイムから決算タイム(②〜④)を残り3期分繰り返します。
1期目では、目の前にある行動カードを揃える事に夢中になりがちですが、後半になるほど、自分達のチームに必要な要素を見極めて、戦略的にカードを集めていくことで、利益を伸ばす事ができます。

⑥結果発表(約10分)

4期の決算が完了したら、優勝チームの発表です。
社内イベントで実施する場合は、上位チームに景品を用意して表彰する事もあります。

⑦振り返り+ミニ講義(30〜40分)

ここから、振り返りシートを配布し、下記のポイントについて振り返りを行います。
 

・どうすれば1位になることができたか?
・自分の強み/弱みについて
・最高のチームとは?

個人で考えるだけでなく、チーム内でディスカッションをする事で、各自の気づきを共有します。

また、ミニ講義では「心理的安全性」についてや、それを阻害する行動、最高のチームを作るための支援(業務支援・精神支援・内省支援)について解説を行います。
 
心理的安全性

職場における3つの支援

ベストチーム 実施要項

【対象人数】15〜100名以上(1チーム 3-5名推奨、最低5チーム )
【実施時間】1時間半〜3時間程度
【予算】
・講師派遣:15万円(30名まで2時間の場合) 〜
・キットレンタル(社内講師型):5万円(30名までの場合) 〜
詳細はお問い合わせ下さい。

無料資料請求(PDF形式)のお問い合わせ

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、実施時期や受講人数など(300文字以内)


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ