2016年8月4日

ポケモンGOに見る「システム思考」の重要性

タグ: システム思考, ポケモンGO,

«
»


pokemongo
 
世間でのブームに漏れず、社内でもポケモンGOが流行っています。
2016/8/4現在、私のトレーナーレベルは23、レベル20の社員もいます。
恐らく平均よりも、1,または2段階分「強い」程度だと思います。
 
ポケモンGOの楽しみ方は様々ですが、大きく分けて2つの楽しみ方があります。
 

1.図鑑をコンプリートすること
2.強いポケモンを作ること

今回は特に後者の「強いポケモンを作る」にフォーカスを当てて書いていきたいと思います。

戦略が無いと強いポケモンは作れない

仮に目標を「強いポケモンを作る」としたとしましょう。
仕事の目標もそうですが、SMARTの法則を当てはめて「測定可能な目標
に置き換える必要があります。SMARTの法則についてはこちらを御覧ください。
 

目標設定の際に参考にしたいsmartの法則とは

 
仮に「CP1800以上のポケモンを1週間以内に6体作る」という目標設定にしたとします。
※CPとはゲーム内の数値で、ポケモンの強さを表す指標になります。
このように目標は具体的に、測定可能で、現実的である必要があります。
 
では、どうやってCP1800以上のポケモンを1週間以内に6体作るか? 
これを実現するには「戦略」が必要です。ここでいう戦略とは
何を行えば、効率的に目標が達成されるのか?」を考えることです。
 
つまり、ゲーム上のどんな要素がポケモンを強くするのにもっとも重要なのか?を考える必要があります。
ビジネス的に言えば、KSF(Key Success Factor)は何なのか?ということです。
 
ここで必要な思考法が「システム思考」です。
 

システム思考は、複雑な状況下で変化にもっとも影響を与える構造を見極め
さまざまな要因のつながりと相互作用を理解することで、真の変化を創り出すためのアプローチです。
 
参考:https://www.change-agent.jp/systemsthinking/approach.html

 
システム思考で考えることで、ゲーム上の様々な要素がどのように絡み合い
何がポケモンのCPを上げるのかを構造的に把握することが可能になります。
 
具体的には、因果ループ図というものを書いて、構造化を行っていくことになります。
 
loop4
 
因果ループ図の詳細についてはこちらを御覧ください。
 

システム思考における因果ループ図の読み書き入門

 
以下が、ポケモンGOにおける強いポケモンを作るための簡易版の図です。
※この図は因果ループ図というよりも、ロジックツリーのような形式です。
 
Mindmap
 
この図を見ると、「ふか装置」を手にい入れて、「歩く」ということが強いポケモンを作ること
繋がることがわかります。(注意:この図は簡易版です)
 
このようにシステム思考を使って、個別の要素のつながりを把握することで、
自分がどのような行動を取るべきか?が見えてきます。
 
もちろん、この思考法は仕事においても利用でき、何をすることが目標達成に近づくことになるだろうか?
ということを考えることができるようになります。

まとめ

ポケモンGOの驚異的なブームもあいまって「ゲームなんてくだらない」、「何が楽しいの?」、
それやって何になるの?」という声はたくさん聞こえてきていますが、
そんなゲームでもしっかりと深く考えることによって仕事にも役立つような
思考法を獲得することができます。


【関連記事】

人気記事 TOP5

研修検索

目的:
人数:
実施時間:
ご予算:

過去記事 (カテゴリー別)