7月16日に東大本郷キャンパスにて、未来の仕事を考え、創りだすためのキャリア学習ゲーム「ジョブスタ」の体験会を実施します。

現在、キャンセル待ちを募集しております。

 
スクリーンショット 2015-06-24 7.28.56

採用担当者の方、研修会社の方などキャリア支援に関わっている方はぜひご参加ください。

イベント概要

2011年にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は大学卒業時(2027年ごろ)今は存在しない職業に就くだろう。
by キャシー・デビットソン(米デューク大学)

みなさんはこの予測をご存知ですか?

そんなまさか、と思いますが、実は現代でも少し前には存在しなかった職業がたくさんあります。

・Webデザイナー
・スマートフォンアプリ開発者
・気象予報士
・プロサッカー選手
・フードコーディネーター

技術革新、制度変更、市場拡大などによって世の中に求められる職業は変わっていきます。
 
では、未来の社会で求められる職業とはどのようなものでしょうか。
ジョブスタはそんな未来の職業を考えるゲーム型キャリア学習ツールです。
 
時代の変化を捉え、新しい職業を創りだすゲームを体験してみませんか?
 
スクリーンショット 2015-06-24 7.30.00
 
開発者は東京大学 大学総合教育研究センター 助教で、「シリアスゲーム」著者の藤本 徹氏の研究ユニットLudix Lab。
 
内定者研修や、インターンシップ、新入社員のグループワークとして、大学などの教育機関でのキャリア支援のワークとしてご利用いただけます。

「ジョブスタ」の効果

ジョブスタ実施後の効果として以下の4つが実証されています。
首都圏の大学生を(男子12名、女子7名)対象に実施。

1.楽しみながら将来のキャリアについて考えられる
 
すべての参加者が「ゲームに楽しく参加できた」、「ゲームを通して他のプレイヤーと交流できた」、「ゲームを通して、他の人のアイデアを知ることができた」と回答しました。
 
2.将来の目標を具体的に考えられるようになる
 
ゲームプレイ前後を比較して「私には将来の目標がある」と考える人が有意に増加しました。
 
3.自分の能力を理解し、理想の仕事や進路を決めることへの自信が高まる
 
ゲームプレイ前後を比較して「自分の能力についてよく理解すること」、「自分の理想の仕事を思い浮かべること」、「自分の才能を、最も生かせると思う進路を決めること」への自信があると考える人が有意に増加しました。
 
4.人の話を聞くことへの意識が高まる
 
ゲームプレイ前後を比較して「人が話しているときに注意を傾けて聞くこと」への自信があると考える人が有意に増加

ジョブスタ 効果

イベント詳細

開催日

2015年 7月 16日(木) 19時〜20時50分
開場 18時40分

場所

東京大学本郷キャンパス福武ラーニングスタジオ1(B2F)
http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/
 

講師

藤本 徹 (東京大学 大学総合教育研究センター 助教)

参加費

無料

定員

15名

参加条件

以下に該当される方

・企業内で教育・研修業務に携わっている方
・研修会社にお勤めの方
・教育機関でキャリア支援に携わっている方
・採用支援会社にお勤めの方
・キャリアカウンセラーの方

ご自身が該当するかご不明な場合はお手数ですがお問い合わせください。

持ち物

筆記用具

タイムライン

18時40分:開場
19時:開始
・イントロ、ゲーム説明
・ゲーム体験
・振り返り
・まとめ、質疑応答
20時50分:閉会

主催

株式会社HEART QUAKE

協力

Ludix Lab (NPO法人 Educe Technologies)

お申込み

不明点などのお問い合わせ

info@heart-quake.com
担当:千葉


関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ