今回は内定者懇親会におすすめな自己紹介ゲームを紹介したいと思います。
内定者懇親会で内定者同士が初めて会うという機会で必ず実施されるのが自己紹介です。

もちろん、普通に1人1人が名前、趣味などを発表するというのもよいでしょうが、それだと少しつまらないな、という場合は以下に紹介するゲーム形式を取り入れるのがおすすめです。

それでは早速、内定者懇親会におすすめな自己紹介ゲームを紹介していきます。

その1.嘘つき自己紹介

嘘つき自己紹介

1つめが嘘つき自己紹介です。
名前の通り、自己紹介に嘘を混ぜるというものです。
具体的なやり方は下記のとおりです。

・ステップ1:グループに分かれる
3〜6名1グループに分かれて実施します。

・ステップ2: 自己紹介の内容を考える
例えば、自己紹介の内容として
趣味/特技、好きな食べ物、いつかやりたいと思っていること
の3つを発表するとします。これらについて内定者に考えてもらいます。
※何を発表させるかは運営側が3つ程度決めると良いでしょう。

・ステップ3: 嘘を混ぜ込む
先ほど考えた3つの内容のうち、1つについて嘘をついてもらいます。
例えば、本当に好きな食べ物はたこ焼きなのに、担々麺と答えることにします。

このとき、うまく嘘をつくためには自分の友だちや家族の話をすると良いでしょう。
※先ほどの例なら友達が担々麺好きでよく話を聞かされているなど

・ステップ4: 自己紹介の発表
グループごとに1人1人が自己紹介を発表します。
話を聞いている側は、どの内容が真実で、どの内容が嘘であるかを推測します。
発表者への質問することができるようにするかどうかは
このワークに割ける時間によって考慮してください。

・ステップ5: 嘘を指摘する
話を聞いていたメンバーはどの内容が嘘だと思ったのかを発表します。
1人1人が口頭で発表するのもよいですが、時間がかかるので
手挙げで意思表示するとよいでしょう。
XXさんの好きな食べ物の話が嘘だと思う人は手を上げてください、という形。

・ステップ6: 正解発表
自己紹介をした人はどれが嘘だったのかを発表します。
嘘を見破れた人に拍手を行い、本当のXXはなんだったのかを発表します。
※本当に好きな食べ物はたこ焼きで、
担々麺は僕の友達の大嶋さんの好きな食べ物でした。

・ステップ7: 発表者を変えて4~6を繰り返す
全員が発表者となり、一周したら終了です。

嘘つき自己紹介を実施するメリットには以下が挙げられます。

ゲーム性があって楽しめる

・どれが嘘なのか見破るために真剣に話を聞く

・嘘がうまい/下手などキャラクターがわかる

特に真剣に話を聞かせる効果があるというところは面白い効果かなと思います。

その2.ワークスタイルトランプ

2つめが弊社製品のワークスタイルトランプを使った自己紹介です。
こちらについては資生堂様やクックパッド様での導入事例が公開されていますので合わせて御覧ください。

【導入事例】資生堂様の内定式でワークスタイルトランプを活用

クックパッド様の内定式でのワークスタイルトランプの活用

ワークスタイルトランプには上画像のようにトランプカード1枚1枚に働き方や働く環境についてのキーワードが記載されています。このカードを使いながら内定者それぞれの理想の働き方について相互理解を深めるという自己紹介を実施します。

具体的なやり方は以下のとおりです。

・ステップ1:グループに分かれる
3〜4名1グループに分かれて実施します。

・ステップ2: カードを10枚選ぶ
52枚のワークスタイルトランプから自分の理想の働き方に近いと思うカードを10枚選びます。

・ステップ3: 共通のカードを探す
同じグループの内定者同士で共通のカードがあるか、何枚あるかを探していきます。
共通のカードが4枚以上あると、理想の働き方のイメージが近いということになります。

・ステップ4: インタビュー
グループ内でお互いにインタビューを行います。
具体的には「社長が魅力的、というカードを選んでますが、なんでこのカードを選んだんですか?
という質問や、
10枚の中で1番大事なカードはどれですか?それはなぜですか?
という形で選んだ理由などを聞いていきます。
全員がインタビューを受ける側になるまで一周回します。

・ステップ5: 他己紹介
時間が十分に取れる場合は他己紹介を行います。
他のグループのメンバーに向けて、自分以外の内定者について紹介します。

具体的には「千葉さんは10枚のカードの中で社長が魅力的というカードが最も大事だということです。なぜなら・・・
という形でインタビューで聞いた内容をもとに他のグループの人に、千葉さん以外の人が千葉さんを
紹介していきます。

ワークスタイルトランプを実施するメリットには以下が挙げられます。

・同じカードを用いることで共通点が見える化される

理想の働き方という視点での相互理解が深まる

・インタビューに回答することで自分自身の気づきにつながる

嘘つき自己紹介のように趣味などのライトな自己紹介も良いですが、ワークスタイルトランプではトランプカードというポップなツールを使って理想の働き方という深い視点での自己紹介ができるのが特徴的です。

改めて資生堂様やクックパッド様での導入事例が公開されていますので合わせて御覧ください。

【導入事例】資生堂様の内定式でワークスタイルトランプを活用

クックパッド様の内定式でのワークスタイルトランプの活用

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は内定者懇親会におすすめな自己紹介ゲームということで嘘つき自己紹介とワークスタイルトランプをご紹介しました。

参考になれば幸いです。


関連記事

人気記事

記事内検索

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ