今回は職場の社員間や内定者同士などの相互理解を促すためのワークショップで使えるカードゲーム型のツールをご紹介したいと思います。

相互理解を促すためにはワークショップの設計に工夫が必要です。当然ながら、単なる自己紹介だけでは難しいことは想像に難くないと思います。

自己紹介だけでは相互理解が難しい理由

自己紹介では相互理解が難しい、たしかにそんな気がするけど、それってなんでなんだろう?と深堀りすると、以下の図で表現できると思っています。

相互理解 ワークショップ

相互理解を深るためにはお互いの目的(ビジョン)や価値観(ミッション/バリュー)を知り、可能であれば共感できる、ことが重要だと思います。

しかしながら、人が持つ情報やその解釈は話に出てきやすいが、その人の目的や価値観は話にでてきずらいからではないか、と考えています。

具体的に言えば、趣味や出身地といった情報や、それに対する解釈(ちょっとマニアックな趣味で・・・・、田舎からでてきたので・・・)は自己紹介でも語られると思いますが、働く上で何が大事で、それはどういう経験に基づいているのかという目的や価値観の話は自己紹介ではなかなか出てきません。

そこでワークショップの運営者には目的や価値観を発言させる工夫が求められます。

今回はそんな相互理解を促すためのワークショップで使えるカードゲーム型のツールをご紹介したいと思います。

相互理解 ワークショップ カード

上図のカードツールの名前はワークスタイルトランプと呼びます。
トランプなので52枚(4つのマークと13個の数字)のカードが存在し、それぞれには別々の働き方・職場環境についてのキーワードが記載されています。

相互理解 ワークショップ ツール

2〜3人1チームになり、まずは1人目が52枚のトランプの中から自分が働く上で大事なカードを10枚選んでもらいます。

選び終わったら、選んだ方に簡単に解説をしてもらい、その後、残りのメンバーが気になったカードについて質問をしていきます。

ここが重要なところで、質問への回答の中にその人の過去の経験(家庭環境のこと、前の職場のこと)や価値観が現れるのです。

どのカードを選んだのか、という表面上の情報ではなく、それをなぜ選んだのかという価値観にふれることでその人をより深く理解できるようになると思います。

制限時間が来たら役割を交代してカード選び⇒解説⇒質問を行います。
時間に余裕があれば、最後にお互いのメンバーを全体に紹介する他己紹介を行うことで自分で行う自己紹介よりもより深い内容の自己紹介ができると思います。

まとめ

いかがでしょうか。カードというツールを使う(強制的に選ばないといけない)ことで情報ではなく価値観を短い時間で引き出すことができます。

ワークスタイルトランプの実施要項は下記のとおりです。

【対象人数】1名以上。推奨1チーム3名まで。
【実施時間】30-60分
【費用】
レンタル:3万円〜(5セットの場合)
販売:3セット10万円(1セット4万円)

ワークスタイルトランプのご紹介PDF(無料)をご希望の方は下記からお申し込みください。

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。
研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、ご希望のゲーム名、実施時期や受講人数など(300文字以内)


関連記事

次の記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ