2015年3月25日

ゲームがチームビルディングに効果的な3つの理由

タグ: ゲーム, チームビルディング, チームワーク,

«
»


チームビルディング ゲーム

企業での研修や、労働組合、一般社団法人等での定期的な研修会
においてチームビルディングを目的としてゲームの実施を
検討されることがあります。
 
座学形式ではなく体験型の研修を実施したい、
せっかくなら楽しい研修会にしたい 等、様々な観点で
ゲームという手法を検討頂いているのだと思います。
 
チームビルディング用ゲームとして
ビジネスゲーム、脱出ゲーム、ヘリウムリングなどの製品を提供
している弊社として
ゲームがチームビルディングに効果的な3つの理由
をご説明したいと思います。
 
なお、チームビルディングとはなにか?についてですが、
弊社では

チームビルディングとは、
チームメンバーが共通の目的に向かって、1+1が2より大きくなるような
チームワークを発揮している状態にすること

と定義しています。さらに詳しく知りたいかたはこちらを御覧ください。

チームビルディングとは

ゲームがチームビルディングに効果的な3つの理由

その1.「ゲームに勝つ」という共通の目的があるから

当たり前のようですが、ゲームには「勝ち負け」があります。
1人、または1チームが勝利、優勝するゲームが容易にイメージできる
と思いますが、ゲームの中には協力型ゲームと呼ばれる、
ある条件を満たすと全員が勝利、条件を満たせなければ全員が敗北
というゲームもあります。
 
どちらにせよ、「ゲームに勝つ」という全員によってわかりやすい
共通の目的が存在します。
共通の目的があるから、チームメンバー同士で協力することができるのです。
「協力」はチームワークにおいてとても重要な要素です。
 
なお、通常の業務の中でも売上目標などの目標は存在しますが
上から降りてきただけの売上目標で、納得感を持てていないメンバーいたり、
目標が個人ごとになっており、協力する必要性を感じられないかもしれません。
 
ゲームは目標がシンプルなため、全員で共有しやすいのです。

その2.「協力」しなければ勝てない仕組みになっている

ゲームデザイナーは(研修で利用するような場合は特に)ゲームを作る際、
誰か1人が頑張れば勝てるようなゲームは作りません。
誰かと協力(時には交渉)しなければ勝てないような仕組みを作るのです。
 
例えば、1人1人に限定的な情報を与え、強制的に情報共有を促したり、
限られたリソースを効率的に利用するために役割分担を行ったりと
そのデザインの中に「協力する仕組み」を取り入れています。
 
つまり、現実社会でMVPを取るようなメンバーや、上司であっても、
初めて実施するゲームで、ルールの理解も充分ではない状態で、
限定された情報しか与えられなければ、チームワークを発揮しなければ

勝てないのです。
 
システム思考などでも取り上げられる「自分でやった方が早い病」が通用しない
仕組みがゲームに組み込まれており、それが協力を促すため、ゲームは
チームビルディングに効果的だといえるでしょう。

その3.ゲームをやることが楽しいから

最後はこれにつきます。ゲームは非日常的であり、楽しむために作られています
ルールを聞いている途中でさえ、早くやりたくなる、それがゲームです。
 
そもそも、「チームであること」には前提があります。
それは、そのチームに自分がいること自体が「安心・安全」でなければなりません。
そのチームにいても無視される、批判される、褒めてもらえない、という
状態ではチームメンバーとして一緒に働く気は起きないでしょう。
 
簡単に言えば、「コミュニケーションが取りやすい関係性」でなければ
チームで成果を出そうという気が起こるはずもありません。
 
そういう意味でも ゲーム≒楽しいこと をみんなでやって
「コミュニケーションを取りやすい関係性を築く」

というのはチームワークを発揮する上ではとても重要なのです。
 

どのようなゲームがより効果的なのか?

ひとくちにゲームと行っても様々な種類があります。

  • トランプ・人狼のようなカードゲーム
  • モノボリーのようなボードゲーム
  • 脱出ゲームのような動きながら行うゲーム
  • バブルサッカーなどのスポーツ
  • 仕事に近い要素を取り入れたビジネスゲーム
  • などがあります。
    どのゲームも上記の3つの要素は満たすと思いますが、
    研修として実施する場合と社内イベントとして実施する場合では
    オススメのゲームは変わってきます。

    研修ならばビジネスゲームがオススメ!

    研修として実施するのであればビジネスゲーム
    がオススメです。

    理由としては、ビジネスゲームではゲーム後の振り返り
    によって仕事で使える学びが得られるためです。
    他のゲームよりも「楽しさ」だけでなく「学び」の要素が
    加えられています。

    社内イベントならば体を動かすゲームがオススメ!

    一方、社内イベントとして実施するのであれば体を
    動きながら行うゲーム
    がオススメです。
    バブルサッカーなどのスポーツや、脱出ゲームなどが
    それにあたります。

    カードゲームやボードゲームに比べて大人数でできることや、
    普段の仕事では頭を使っているので、体を動かすこと
    普段と違う一面が垣間見れたり、メンバーのリフレッシュにもなるでしょう。

    まとめ

    ゲームがチームビルディングに効果的な3つの理由

     その1.「ゲームに勝つ」という共通の目的があるから
     その2.「協力」しなければ勝てない仕組みになっているから
     その3.ゲームをやることが楽しいから

    いかがでしょうか。チームビルディングでゲームを検討される場合の
    参考になれば幸いです。


    【関連記事】

    研修検索

    目的:
    人数:
    実施時間:
    ご予算:

    人気記事 TOP5

    過去記事 (カテゴリー別)