昨年開発し、社内テストや、公開テストを繰り返してきたメンタルヘルス対策用 ビジネスシミュレーションゲーム 「デッド・オア・アライブ」を本日(2017年5月10日)にリリース致します。
 

メンタルヘルスゲーム「デッド・オア・アライブ」

 
メンタルヘルスゲーム
 
本ゲームは産業カウンセラー、臨床心理士の先生と共に開発し、推薦コメントも頂いております。
 

坂井 裕紀 氏
心理相談員 産業カウンセラー
 
デッド・オア・アライブは、「自身と仲間の健康に配慮した働き方」を学ぶことのできる秀逸な学習教材だと思います。
 
全ての労働者に実践的なセルフケア教育として体験して欲しい
また、より健康でイキイキとした組織を目指すマネージャーのラインケア教育として体験してもらいたいです。 
綾 千晶 氏
臨床心理士 産業カウンセラー
 
メンタル疾患で休職した方の多くが、相談などソーシャルサポートを求められなかった事が休職の一因と語っています。
 
頭ではその重要性が分かっていても、実際の行動に繋がりづらいのが、ソーシャルサポート行動です。
 
デッド・オア・アライブは、その大切さを実感し、実行可能性を高められる、秀逸なツールだと思います。

すでに某企業様での導入が決定しており、順次、パイロットユーザーの募集、公開セミナーの実施を行ってまいりたいと思います。
 
リリース特別価格として、7月までのお申込については20名、2時間の実施で10万円(税別)で販売いたします。
 
メンタルヘルス研修の必要性は感じるが、講義型だけではなく、体験型での研修をご希望のお客様はぜひご利用下さい。

メンタルヘルスゲーム「デッド・オア・アライブ」

ゲームの実施の流れは、こちらからもご確認いただけます。

「デッド・オア・アライブ」実施の流れ


関連記事

人気記事

カテゴリ別

タグクラウド

TOPに戻る
お問い合わせ