2015年7月20日

キャリア学習ゲーム「ジョブスタ」の体験会を実施しました

タグ: キャリア学習, キャリア支援, ジョブスタ,

«
»


2015年7月16日(木)に東京大学 福武ホールにて弊社主催で
キャリア学習ゲーム「ジョブスタ」の体験会を実施しました。
 
ジョブスタ体験会
 
定員15名の募集に対してキャンセル待ちも含めて20名以上の方に応募頂き、
当日は1席増やして16名での実施となりました。

ジョブスタとは

ジョブスタは東京大学 助教 藤本 徹 氏を中心とするチーム
Ludix Lab (NPO法人 Educe Technologies)が開発した
キャリア学習、キャリア支援のためのゲームです。
 
ジョブスタカード
 
ゲームのコンセプトを一言で言うと以下の様になります。
 

20年後の未来の職業を考えろ!

以下の画像の様なカード(イベント、産業 等)をもとに、20年後に必要となるであろう職業
を考え、お互いに投票し、スーパージョブクリエイターを決定します。
 
IMG_2350
 
詳細は以下を御覧ください。

7/16 未来の仕事を創りだせ!キャリア学習ゲーム「ジョブスタ」体験会のお知らせ

実施の流れを詳しく知りたい方はこちらも御覧ください。

>>「ジョブスタ」実施の流れ

多様性のある参加者の属性

ジョブスタ 参加者
 
応募の時点でキャリア支援に関わるお仕事をされている方
という切り口で参加者を限定させていただきました。
 
しかし、キャリア支援に関わるといっても様々な立場が存在しています。
当日は多様性に飛んだ参加者の構成となりました。
 

採用支援会社勤務 : 4名
企業人事     : 3名
研修会社勤務   : 2名
高校教諭     : 2名
教育会社勤務   : 2名
大学職員     : 1名
その他      : 2名
合計 16名

参加者の感想

カードの説明書きを読むだけでも勉強になった
自分たちでカード自体を新しく作るワークなども勉強になりそうだと感じた。
 
未来は可能性に満ちている、世の中は変わる」そんな広い視点から
考えられるプログラムだと思いました。
 
ゲームの問い(投げかけ)がシンプルなだけに無限の広がりがあると思いました。
 
職業理解、産業理解、社会環境の理解を深められる
非常に面白いゲームだと思いました。
 
ゲーム型の研究に初めて参加させ頂きましたが
楽しみながら学ぶというのは良いですね。
 
熱中できた。他の人のアイデアが面白く純粋に楽しめた
 
これからの時代で活躍していけるために、自分のビジョンを持つため
「ジョブスタ」はこれからの学生にトライして欲しいゲームだと思いました。
 
職業理解は若年層にはなかなか難しいので「ジョブスタ」は
非常に有用
なゲームだと感じました。
色々と発展も考えられるので大人が実施しても楽しめますね。
 
高校で使用できるように校長と交渉しようと思います。

何名かの方の感想に
 

ジョブスタは「余白のある製品」=工夫次第で色々できる

という声がありました。
 
具体的には
 

・高校生にはカードの使い方を変える(3枚使うところを2枚にする)
・カード自体を新しく創りだす
・カード2枚を使って「職業」ではなく、「新規事業」を考える

など、参加者から多くの新しい使い方のアイデアが出てきました。

まとめ

当日、現金でそのまま購入された参加者がでるほどジョブスタは
面白く、学びのあるゲームだと思います。
 
キャリア学習、キャリア支援のアイデアでお困りの場合はぜひお問い合わせください。
 
お問い合わせはこちらからお願いします。

「未来の仕事」を創り出せ!キャリア学習ゲーム
ジョブスタ


【関連記事】

人気記事 TOP5

研修検索

目的:
人数:
実施時間:

過去記事 (カテゴリー別)