今回はコミュニケーション研修で実施可能なkゲームのやり方について書いていきます。

kゲーム コミュニケーション 研修

kゲームはルールはとてもシンプルながら、会社組織におけるコミュニケーションの取り方組織としての目標の共有などについて学びのあるビジネスゲームです。

kゲームのやり方

まず、kゲームは5人1組で実施します。また、5名の1名がリーダー役となっていただきます。

リーダーの部下としてマネージャー役の2名を決めます。なお、リーダーはマネージャーとのみコミュニケーションを取ることができます。

最後にメンバー役を2名決めます。メンバーは自分のマネージャーとのみコミュニケーションを取ることができます。

従って、リーダーを部長、マネージャーを課長、メンバーを平社員とすると以下のような関係性となります。

kゲーム 関係性

kゲームのルール

上記の前提で、ここからはkゲームのルールについて書いていきたいと思います。
まず、先程書いたとおり、リーダーはマネージャーとのみ、マネージャーAはリーダーとメンバーAとのみ、マネージャーBはメンバーBとのみコミュニケーションを取ることができます。

しかも、そのコミュニケーションは筆談でのみ許されており、口頭で情報を伝えることはできません。

それぞれのメンバーには「指示書」と「カード4枚」、「メモを30枚」が配布され、メモ用紙を使って筆談で他のメンバーとコミュニケーションを取ることができます。

指示書にはゲームのルールが記述されていますが、ゲームのクリア条件はリーダーの指示書にのみ記述されています。
また、そのことをリーダー役は知りません

さて、ゲームのクリア条件ですが、それぞれのメンバーが同じ種類のカードを4枚揃えること、となっています。

kゲーム カード

実は、メンバーに配られた4枚のカードは全部で5種類のカードとなっており、それがバラバラに配布されています。

ここでは、単純化するためにカードは「会長」、「社長」、「部長」、「課長」、「主任」の5種類としましょう。
それぞれのカードが4枚ずつ合計20枚のカードが、メンバーにバラバラに配布されています。

ゲームのクリア条件は同じ役職のカードを4枚集めることです。
注意点として、リーダーが「主任」のカードを集めても構いません。

なお、カードは交換することができますが、交換には2つの条件があります。

1.カードの交換はコミュニケーションが取れるメンバーとのみ行える
 つまり、リーダーはマネージャーと、マネージャーAはリーダーとメンバーAとのみ行える。

2.カードは同じ枚数で交換しなければならない
 つまり、リーダーが1枚、マネージャーが2枚という交換はできない

制限時間に達するか、リーダー役が作業が完了したと思ったら手をあげることによってゲームは終了します。

kゲームの3つのポイント

ここまでkゲームのルールについて書いてきましたが、ポイントとしては3つ挙げられます。

1.目的の共有

ゴール

1つめは「目的の共有」です。
このゲームでゴール(目的)はリーダー役のみ知っているという状態でした。

しかし、リーダーは当然、他のメンバーも目的を知っていると思っています。
これは、実は実際の会社の中でもよくあることなのです。管理職は目標・ゴール・ビジョンを知っているがメンバーはそれを理解していないため、メンバーとしてはリーダーがなぜそのようなことを言うのかがわからず管理職もなぜメンバーがゴールに向かう適切な行動を取らないのかがわからず、困惑している状態です。

コミュニケーション研修の第1歩として、そもそも、何のためにコミュニケーションを取るのか?
それは目的・ゴール・目標の達成のためであり、まずは目的を伝えるところからです。

2.報連相の重要性

情報共有

2つ目のポイントは報連相の重要性です。
このゲームは情報が上記画像にあるとおり、情報が分断されており、全員が全体像を把握することが難しくなっています。

そこで、メモを使ったコミュニケーションによる報告・連絡・相談が必要となります。
口頭でのコミュニケーションとは違い、ニュアンスなどの曖昧さはメモでは伝わりません。
適切な情報を相手から引き出し、また、相手に伝えることによってスムーズなコミュニケーションが可能となります。

このゲームではメモ用紙の枚数に制限があることもポイントとなっており、メールの書き方についての学びもあります。

3.風通しの良い組織づくり

風通しの良い組織

最後のポイントは風通しの良い組織づくりについてです。

このゲームでは、メンバーAからみるとマネージャーAとしかコミュニケーションがとれず、メモやカードを渡せる相手が限定されていました。

この状態で、かつ、ポイント1でお伝えした目的が見えない状態では、メンバーAによってこのゲームはただの作業にすぎず、リーダー、マネージャーへの不満が募るでしょう。

これは決して風通しの良い組織とは言えません
現実社会でも部門間のコミュニケーションはほとんどないというの実情ではないでしょうか。
(今回で言えばメンバーAとメンバーBのコミュニケーションは発生せず部門の壁を感じます)

コミュニケーション研修としての3つめのポイントは個人のコミュニケーションスキルだけではなく、組織としてのコミュニケーションスキルとしての部門を超越したコミュニケーションが取りやすい仕掛けをいかにして作るか?ということになります。

まとめ

いかがでしょうか。kゲームのルール、ポイントをなんとなく掴んで頂けたでしょうか。

kゲームを始めとするビジネスゲームはゲームとしての楽しさと、ゲーム後の振り返りまで含めて行うことで研修効果が高まります。

ゲームを実施する際はぜひ振り返り部分に力を入れて実施してみて下さい。

準備工数を掛けずに実施したい方へ

弊社ではkゲーム(別名、部課長ゲーム)を実施するにあたってのカード、ボード、運営スライド(ppt形式)、ワークシート(PDF形式)、ファシリテーター向け動画マニュアルの提供を行っております。有料となります。

準備工数を掛けずに実施したいという方はお問い合わせください。

資料のご請求は下記お問い合わせフォームよりお願いします。

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、実施時期や受講人数など(300文字以内)


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ