座学形式の研修は飽きてきた、「研修」という言葉に良いイメージが無いというのが現実的なのかもしれません。

せっかく実施するなら社員が楽しめて、さらに学びがある面白い研修を実施したいというニーズが増えている気がします。

弊社が提供するカードゲームを使ったビジネスゲーム研修は日本一面白い研修であると自負しています。

面白い研修

「もう一度受けたい!」と言われる研修

実際に、2時間の研修を実施した後、受講者から「もう一回やりたい」という声が多く寄せられます。
今までに「もう一回受けたい」と思った研修はどれぐらいあるでしょうか?

アンケートの満足度は5段階評価で平均4.8を超えることがほとんどで、楽しいだけではなく、研修としても「学び」が得られます。

下記が実際のお客様からの感想となります。

【導入事例】東京未来大学様で「ベストチーム」を導入いただきました

研修の概要

簡単にではありますが、自称日本一面白い研修の「ベストチーム」という
カードゲーム型の研修の概要をご紹介します。

1チームに配られた行動カードが7枚(下図の青)。カード下には「必要枚数」の記述があり、同じカードを必要枚数分集めると得点カード(下図の赤)と交換できます。
面白い研修

しかし、手元にあるのは1枚だけ。そこで、他のチームがどんなカードを持っているのか会場を歩き回って探し出し、持っているチームと交渉をして欲しいカードを手に入れてください。

もちろん、お互いにWin-Winな取引でなければ交渉は成立しないでしょう。

得点には業績ポイントと人間関係ポイントの2種類があり、その両方を最大化しなければベストチームとは言えません

しかし、カードによって一方の得点が下がってしまうものもあります。業績ばかりを追って人間関係の質をおろそかにすれば、現実と同じ様にいつかはしっぺ返しがくる、そんなゲームになっています。

より詳細な内容をご確認したい場合は下記からもご覧いただけます。

『ベストチーム』実施の流れ

他の研修との違い

どこがそんなに面白い研修なのか?というと、

座学ではなく、体験型だから
・研修内容がカードを使ったゲームになっているから
・最終結果により順位が明確になるため、勝ちを目指して盛り上がるから
・やらされ感ではなく、主体的に行動するから
・個人戦ではなく、チーム戦のため、みんなで協力するから

などが挙げられます。

通常の研修では

1.講師の話を聞く
2.議題についてグループで議論する

という流れだと思いますが、「議論してください」と言われて議論するのと、ゲームに勝つという目的があってそのために主体的に議論するのでは面白さが全く違うと思います。

研修で得られる学び

最後に、この研修で得られる学び、について触れておきたいと思います。
この研修で得られる学びは大きく分けて3つあります。

1.自分の強みと弱みの把握
2.役割分担と協力を行うことの重要性
3.戦略や目的を考え、行動していくことの重要性

研修という非日常の場で改めて自分の強みと弱みを把握することでその後の意識を変えることができます。

面白い研修をお探しの方はぜひ一度弊社のカードゲームを使った研修をご検討頂ければと思います。

最後に

具体的なコンテンツは以下から御覧ください。

日本一面白い研修(自称)の詳細を見る

この研修(ベストチーム)のPDF資料を請求する(無料)

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、実施時期や受講人数など(300文字以内)


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ