今回はアイスブレイクとして使えるビジネスゲーム3つ紹介したいと思います。

アイスブレイクでの使用ということでどれも30分程度で実施できるビジネスゲームだけをご紹介しています。

なお、1時間以上の時間が取れるという場合はこちらをご覧ください。
アイスブレイクの主目的であるチームビルディングに繋がるはずです。

チームビルディングに効果的な楽しく学びのあるゲーム11選+2

それでは早速アイスブレイクで使えるビジネスゲームを紹介したいと思います。

1.マシュマロチャレンジ

1つめはマシュマロチャレンジというゲームです。

マシュマロチャレンジは乾麺のパスタ、テープ、ひも、マシュマロを使って自立可能なタワーを立て、最も高いタワーを作ったチームの優勝となるゲームです。

TEDでも紹介されているゲームです。

やってみるとマシュマロの重みが地味に効いていてよくできたゲームだと思います。みんなで1つのものを作り上げるという行動はアイスブレイクにはぴったりです。

実施概要

所要時間:30分〜2時間(実施回数で調整可能)
人数:4〜100名以上可能(1チーム4〜6名)
※公式ルールは1チーム4名

概要はこちらをご覧ください。

マシュマロチャレンジについてもう少し詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

マシュマロ・チャレンジのやり方

2.桃太郎村の地図

2つめは桃太郎村の地図というコミュニケーションゲームです。


上画像のような情報カードが1人につき数枚配布され、それを口頭だけで伝え合いながら、最終的には、桃太郎村の地図のうち、「村長の家」がどこにあるのかを特定し、地図を完成させるというゲームです。

報告・連絡・相談といったビジネスコミュニケーションの基礎の重要性を感じることができます。

なお、こちらのゲームはオンラインでの実施にも対応しております。
zoomやteamsを使ったオンラインでのワークショップ・研修でもご利用いただけます。

実施概要

所要時間:30分〜1時間(実施回数で調整可能)
人数:4〜100名以上可能(1チーム4〜6名)

カード版の概要はこちらをご覧ください。

オンライン版の概要はこちらをご覧ください。

桃太郎村の地図(オンライン版)についてもう少し詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

オンラインで実施可能なコミュニケーション研修ゲーム「桃太郎村の地図」

3.ヘリウムリング

最後はヘリウムリングというゲームです。
これまでのゲームは1チーム4名程度での実施でしたが、ヘリウムリングは1チーム6名以上で実施した方がその効果があるゲームとなります。

ルールは簡単で、フラフープを人差し指に乗せて、離れないように、フラフープを地面まで下げる、というとてもシンプルなルールです。しかし、これがなかなか難しいのです。ゲームの途中で声がけを行うリーダー役や、調整を行うマネージャー役が出てきたりしてチーム感を感じられます。

実施概要

所要時間:30分〜1時間(実施回数で調整可能)
人数:6〜100名以上可能(1チーム6〜10名)

概要はこちらをご覧ください。

ヘリウムリングについてもう少し詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

ヘリウムリング〜フラフープを使ったチームビルディングゲーム〜

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアイスブレイクで使えるビジネスゲーム3選ということで、どれも30分程度で実施可能なものをご紹介しました。

参考になれば幸いです。


関連記事

人気記事

記事内検索

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ