社員総会やキックオフイベント、成果発表会といった経営イベントにおいて、チームビルディングを目的としてゲームの実施を検討されることがあります。

・全社員が参加するイベントで、チームビルディングを行いたい
・イベントの一企画として、30分〜1,2時間でできるコンテンツを探している
・ただの遊びではなく、学びのある企画を実施したい

社員総会等のイベントで実施できるゲームをご紹介します。

社員総会やキックオフイベントで実施したいゲーム企画4選

1.合意形成ゲーム「NASAゲーム」

nasa_image

NASAゲームはチームでの合意形成を行うゲームです。

月に不時着した宇宙飛行士という設定で、320km離れた母船に戻るため、手元に残った15個のアイテムに対して優先順位をつけていくゲームです。

まずは個人で優先順位をつけ、次にグループで話し合い、グループとして優先順位をつけていきます。できるだけ妥協なく、合意の上で決定することが求められます。

このゲームの面白いポイントはNASAによる模範解答があることです。
模範解答に最も近い個人、及び、チームの勝利となります。

nasaゲーム

【対象人数】4〜100名以上(1チーム 4-6名推奨)

【実施時間】30分〜2時間

【予算】 ※80名での実施の場合
・キットレンタル:9万円
・講師派遣:20万円

【主な学び】
 ・1人で考えるより、チームで取り組んだ方が良い成績になる
 ・合意形成を行うプロセスの理解

グループワークで使えるNASAゲームのやり方

資料の請求(無料)はこちらから⇒

2.マシュマロ・チャレンジ

スパゲティの乾麺、テープ、マシュマロを使って18分間でより高いタワーを作るゲームです。

世界中で実施されていて、TEDでも紹介されているチームビルディングでは有名なゲームです。


公式ルールなども用意されており、コスト面、準備期間などを考えると社内講師でも実施しやすいゲームとなります。世界記録とされている99cmを目指しましょう!

【対象人数】4〜100名以上可能(1チーム4名)

【実施時間】30分〜2時間(実施回数で調整可能)

【予算】 ※80名での実施の場合

・キット購入:7万円
・講師派遣:20万円

【主な学び】
 ・PDCAサイクルを積極的に回すこと
 ・発想力の重要性(ハサミの新しい用途を考えるなど)

マシュマロ・チャレンジのやり方

資料の請求(無料)はこちらから⇒

3.謎解きゲーム

謎解きゲーム 研修

ビジネス的な要素はありませんが「室内でできて、頭を使うゲーム」として謎解きゲームをご用意しています。

現在有名な通常のリアル脱出ゲームは脱出率が10-20%に設定されているのとは違い、弊社の謎解きゲームは脱出率を70−80%に設定しているため、多くの方に楽しんで頂けます。

汚れた企画書の謎

特徴としては

会議室やイベント会場で実施できる
クリア率が80%程度に設定されていて、チームでの達成感を味わいやすい
・それぞれの謎の難易度に簡単〜普通〜難しいの幅を設けており、 謎解き初心者や、苦手な人でもチームに協力しやすい
・100名近い参加者での実施でも1名の運営スタッフで実施できる

という点に配慮して作られています。

【対象人数】4〜100名以上(1チーム4〜6名)

【実施時間】30分〜1時間(標準は1時間)

【予算】 ※80名での実施の場合
・キットレンタル:9万円
・講師派遣:15万円

【主な学び】
 ・役割分担と自分の強みを発揮することの重要性
 ・みんなでアイデアを出しやすい雰囲気づくりの重要性

謎解きゲーム「汚れた企画書の謎」の概要

資料の請求(無料)はこちらから⇒

4.経営疑似体験ゲーム 「ペーパータワーforビジネス」

これまでのゲームよりも経営を疑似体験できるゲームです。

ゲーム自体はA4の紙を使ってできるだけタワーを立てるというシンプルなゲームです。
ただし、立てたタワーの高さがチームの売上、使った紙の枚数が原価と考えます。

したがって、できるだけ少ない紙で高いタワーを立てることが求められますが、
紙の枚数が少なすぎるとタワーが倒れ、品質管理の問題が発生します。

チームでの作戦立案タイム、建築タイム、測定タイムを行い、最後に決算タイムを行います。これを4回繰り返します。

なお、売上は下のような現金チップを用いて実際にコインとして獲得することができます。

ゲームを4回繰り返することでPDCAサイクルを回し、過去最高は210cmという高さになりました。

【対象人数】8〜120名程度(1チーム4〜5名推奨)

【実施時間】2時間程度

【予算】 ※80名での実施の場合
・講師派遣:25万円

【主な学び】
・チーム内での役割分担 / 情報共有の重要性
会社のお金の流れの把握
PDCAサイクルの重要性

より具体的な実施の流れを見たい方は、こちらの記事もご覧ください。

ペーパータワーforビジネス実施の流れ

資料の請求(無料)はこちらから⇒

無料PDF資料のご請求

弊社では上記でご紹介したコンテンツの一部を講師派遣、または、キットのレンタル(社内講師で実施可能)の2パターンでご提供しております。
社内講師で実施したいが、準備に工数が掛けられない場合も含めお気軽にご連絡頂ければと思います。

各コンテンツの詳しい資料の請求(無料)はこちらからお問い合わせ下さい。

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、ご希望のゲーム名、実施時期や受講人数など(300文字以内)


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ