今回はセクハラクイズということで、いくつかの事例をご紹介し、それがセクシャルハラスメント(セクハラ)にあたるか否か、またはグレーゾーンか、を考えていただきたいと思います。

セクハラを含むハラスメントの怖いところは、人によって判断基準がずれているというところにあると思います。セクハラクイズを職場内で実施し、お互いの感覚のズレを認識することも重要だと思います。

それでは事例を紹介したいと思います。

セクハラ クイズ

さぁ、いかがでしょうか。まずはご自身の回答を考えていただいて、一通り回答できたら、他のメンバーと話し合ってみるという流れで実施頂くと良いと思います。

ちなみに、パワーハラスメントのクイズも別記事に記載しておりますのでそちらもご覧頂ければと思います。

パワハラクイズ〜パワハラか否か、はたまたグレーゾーンか〜

それでは、セクハラクイズの解答を発表したいと思います。

セクハラクイズ 解答

セクハラクイズ 解答

いかがでしょうか。特に△の部分については人によって◯か✕か意見が分かれることもあるでしょう。

認識すべき3つのズレ

セクハラクイズで認識していただきたいのは3つのズレについてです。

1つめは個人としての解答とのズレを認識です。
2つめは自分とメンバーとの認識のズレ
そして3つめはチームとしての認識と世の中(ここでは解答)とのズレの3つのズレです。

特に3つめのチームとしての認識と世の中(ここでは解答)とのズレが大きいと新メンバーがチームに入ってきたときに問題が発生する可能性が高くなります。

まとめ

いかがでしょうか。今回はセクハラクイズを通して、認識の3つのズレを見える化することをお伝えしました。

セクハラは無自覚で行っている場合も多く、無自覚セクハラについては過去記事をご覧ください。

やってしまいがちな「無自覚セクハラ」の分類

ぜひ職場で実施してみて下さい。
セクハラ クイズ

なお、弊社では上記画像で使われているハラスメント研修で使えるパワーポイント資料の販売を行っております。
詳しくは下記記事をご覧ください。

ハラスメント研修で使えるパワーポイント資料の販売について


関連記事

人気記事

記事内検索

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ