先月、某一般財団法人様ビジネスゲームを用いた業務改善研修を実施しました。

実施したゲームはペーパータワーforビジネスという弊社のオリジナルゲームで、A4の紙を使ってできるだけ高いタワーを建てるというペーパータワーというゲームをビジネス用にアレンジしたものとなります。

業務改善研修 ゲーム

ペーパータワーforビジネスの詳細についてはこちらを御覧ください。

ペーパータワーforビジネス実施の流れ

今回は、導入事例としてご担当者様からアンケートにご回答頂きましたのでご紹介させていただきます。

ご担当者様の感想

株式会社HEART QUAKE

弊社

ペーパータワーfor ビジネスをご導入されたきっかけ、決め手を教えてください

お客様

ご担当者様

普段、目の前の業務に集中しがちであることから、大きな視野を持って業務全体の流れを確認し、改善マインドを持ってもらうという目的で研修を探していました。普段の単調な業務の中にも、改善点があることを肌で感じてもらいたかったため導入しました。

株式会社HEART QUAKE

弊社

ペーパータワーfor ビジネスを受講された対象者について教えてください

お客様

ご担当者様

役職に関わりなく部署内の職員全員が対象です。

株式会社HEART QUAKE

弊社

受講者の反応はいかがでしたか?

お客様

ご担当者様

動きのあるゲーム形式の研修で、皆楽しみながら参加していました。実施後のアンケートでは多くの人が大満足、満足という評価でした。

株式会社HEART QUAKE

弊社

ペーパータワーfor ビジネスを実施してみてどのような効果があったと思われますか?

お客様

ご担当者様

振り返って改善することの大切さチームで課題を共有し改善策を出し合うことの大切さ を感じられたと思います。

また、時間の制約がある中で役割分担を行い、いかに早く、確実により良い実績に繋げていくかのヒントを掴むことができました。

失敗を恐れずに挑戦すること、改善する勇気、またチーム内で自身がどのように立ち回れば、スムーズにタワーが建設できるかなど各自いろいろな学びがありました。

株式会社HEART QUAKE

弊社

受講者の感想の中で印象的なものがあれば教えてください

お客様

ご担当者様

現状維持で問題意識を持たないでいることは危険で、改善できることは身近にたくさん あり、その中のひとつでも変えていく勇気が必要ということ。

失敗を恐れないで挑戦をすること。またその挑戦は大胆なものであるほうが、失敗時の 収穫は大きかった

論理的な思考の人と楽しい雰囲気を醸成する人が揃うとチームがまとまると思った。

業務改善研修としてのポイント

7つのムダ

ゲーム中では上画像のトヨタの7つのムダ取りを紹介し、自分たちの行動を振り返ってもらうことで業務改善の疑似体験をしていただいています。

具体的な内容についてはこちらを御覧ください。

ビジネスゲームを用いた業務改善研修

「ペーパータワーforビジネス」実施要項

業務改善研修で利用したペーパータワーforビジネスの実施要項は以下のとおりです。

【対象人数】12〜100名以上(1チーム 4-6名)
【実施時間】1時間〜2時間(推奨2時間)
【予算】
・運営キット:3万円〜(10名までの場合。資料の提供、現金チップのレンタル) 
・講師派遣:15万円(最大20名までの場合)

無料資料請求のお問い合わせ

弊社ではペーパータワーforビジネスの投影用の資料(pptx)、現金チップ、社内講師用の動画マニュアル等をご提供しております。金額は税別で3万円からとなります。(人数による)
まずは資料請求をお願いします。

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。
研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、ご希望のゲーム名、実施時期や受講人数など(300文字以内)
電話番号をご記入頂ければ、お電話でもご説明差し上げます。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ