今回は弊社が提供するビジネスゲーム「ベストチーム」を東京未来大学(学校法人三幸学園)で導入頂きましたのでご担当者様からの感想も含めてご紹介できればと思います。

ビジネスゲーム「ベストチーム」とは?

ベストチームはその名の通り「最高のチーム」とは何か?をカードゲームを通して学ぶチームビルディング研修です。

ベストチーム

このゲームでは最高のチームを業績と人間関係のどちらも良好なチームと定義しています。

最高のチーム

業績に加えて人間関係を重要視するのはエドモンドソン教授による心理的安全性や、ダニエル・キム教授による組織の成功循環モデル、また、リーダーシップ理論で有名なPM理論などに共通する考え方だと思います。

したがってベストチームでは業績と関係性の両立を実現できたチームが勝ちやすい設計となっています。
ゲームの詳しいルールについてはこちらを御覧ください。

ベストチームの詳細ルール説明

実施概要

お客様名:学校法人三幸学園

ご担当者様:杉本様

実施コンテンツ:ベストチーム

提供方式:講師派遣(弊社講師にて実施)

お客様からのご感想

株式会社HEART QUAKE

弊社

ベストチームをご導入されたきっかけを教えてください

お客様

ご担当者様

本学園でも、心理的安全性を高めることへの関心度が高く、働きがいのある部門にするためのキーファクターと捉えています。
現在の部門運営において、中途職員の割合が多く、多様な価値観が衝突することも多いため、心理的安全性の観点から一人ひとりの日常の言動における気付きを得てもらえればと思い、導入に至りました。

チームビルディング ゲーム

株式会社HEART QUAKE

弊社

ベストチームを受講された対象者について教えてください

お客様

ご担当者様

本学園の職員、総勢68名となります。
大学職員 51名
短期大学職員 17名

株式会社HEART QUAKE

弊社

受講者の反応はいかがでしたか?

お客様

ご担当者様

ゲーム感覚で学べるため、非常に楽しくアクティブに取り組んでいた様子がうかがえました。

株式会社HEART QUAKE

弊社

ベストチームを実施してみてどのような効果があったと思われますか?

お客様

ご担当者様

ゲームを通して、チーム内での自身の役割が、普段の業務や仕事のスタンス・やり方とつながる点が見られるため、改めて自身の仕事の仕方における「強み」や「弱み」といった気付きが得られたと思います。

期待することとして、チームとして仕事をするうえで、自分自身の足りない点や改善したほうがよい点にも気づくことができ、内省を深める機会に繋がっていてほしいと思っています。

ベストチーム 導入事例

株式会社HEART QUAKE

弊社

全体を通しての杉本様の率直な感想を教えてください

お客様

ご担当者様

ゲーム感覚で楽しく参加でき、時間を忘れるくらい夢中になって参加できる研修でした。

一方で、ゲームに勝つことに執着してしまい、どこまで学びにつながったかが、メンバーによって差があるだろうと感じています。

株式会社HEART QUAKE

弊社

受講者の感想の中で印象的なものがあれば教えてください

お客様

ご担当者様

体験型(ゲーム型)の研修は過去になかったので、とても楽しく参加できた。
・チームで意見を出し合いながら、活発に意見交換できました
・戦略どおりには行かなかったけど、チームとしてはベストチームになれたと思います。
日々の業務に活かせる部分もあったので、参考にしていきたいです。

ベストチーム実施要項まとめ

【対象人数】15〜100名以上(1チーム 3-5名推奨、最低5チーム )

【実施時間】1時間半〜3時間程度

【予算】
・講師派遣:15万円(30名まで2時間の場合) 〜
・キットレンタル(社内講師型):5万円(30名までの場合) 〜

詳細はお問い合わせ下さい。

資料のご請求は下記お問い合わせフォームよりお願いします。

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

 
研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

 
その他、実施時期や受講人数など(300文字以内)


 


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ