今回は、目標設定のやり方を体験を通して学ぶゲーム、スピードタッチについて紹介したいと思います。

なお、スピードタッチは弊社HEART QUAKEと株式会社チームビルディングジャパンとの共同開発商品となります。

株式会社チームビルディングジャパン

チームビルディングジャパン ホームページ

また、本コンテンツはファシリテーター(社内講師)不要で実施可能です。(ファシリテーター役となる動画を流していただきます)

スピードタッチとは

スピードタッチ

スピードタッチチームメンバーと協力をして自分たちで設定した目標を達成することを目的としたチームビルディングゲームです。

目標設定 ゲーム

ゲームはチームに与えられた上画像のような用紙に記載された1〜50までの数値を順番にタッチし、50番をタッチし終えるまでのタイムを競うタイムトライアルゲームです。

スピードタッチ ルール

ルールは簡単ですが、数値はランダムに配置されているため、いざ取り組んでみると、様々なやり方、戦略があることに気づきます。

スピードタッチと目標設定

このゲームを合計4回実施しますが、各ゲームの前に、チームメンバーで相談し、目標タイムを決めてもらいます。(そしてそれを全体に宣言します)

目標はゲームが進むごとにより高くなっていくのが望ましいですが、立てた目標が未達に終わるのを恐れて低めに目標設定してしまう場合があります。

また、1回目はやったことがないので見当がつかないなかで目標設定を行わなければなりません。

このようなゲームでの目標設定の体験を通して、日常の仕事の中での目標設定について考えるきっかけを提供するのがスピードタッチです。

目標設定 やり方

具体的には、ゲーム後の振り返り時に上画像のように目標設定についての3つのアプローチについてのご紹介や、

コンフォートゾーン ストレッチ目標

コンフォートゾーン、ストレッチゾーン、パニックゾーンといった3つのゾーンのご紹介をするなかで、日常業務でもストレッチゾーンの目標を設定していくことを推奨していきます。

また目標設定によりモチベーションも大きく変わり、結果、成果にも大きく影響することが体感できます。

スピードタッチの提供方法

スピードタッチは、実施用キット(番号シートやストップウォッチなど)と、運営マニュアルの提供(レンタル)での提供となります。

講師派遣ではなく、キットをお貸しし、社内メンバーで実施いただけます。そのためのマニュアルを整備しております。

社内メンバーで講師役をやるとなると、その人がゲームに参加できない、準備が大変そうという懸念があるかと思いますが、スピードタッチは講師役が不要で全員がゲームにご参加いただけるように、ファシリテーションを動画によって行います。

サンプルの動画がこちらになります。

無料資料請求(PDF形式)のお問い合わせ

実施要項は以下となります。

参加人数:3~40名

実施時間:約1時間

実施をご検討の方はまずは下記よりより詳細な資料(PDF形式、メール添付)のお問い合わせをお願いします。

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、実施時期や受講人数など(300文字以内)


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ