数年前から心理的安全性というキーワードが注目を集めています。

心理的安全性というキーワードが流行ったきっかけとしては、Googleのプロジェクト・アリストテレスにて、成果を挙げているチームの要素の1つに心理的安全性の高いチームであることが判明したことによります。

心理的安全性

画像参照:https://rework.withgoogle.com/jp/guides/understanding-team-effectiveness/steps/foster-psychological-safety/

もしかしたらみなさんの会社でも組織の心理的安全性を高めようという取り組みが行われているかもしれません。それはとても素晴らしいことだと思います。
しかし、心理的安全性を高めようとするならば、同時にハラスメントについての対策も怠ってはならないような気がしています。

なぜなら、ハラスメントが放置されている組織では心理的安全性が高まるわけがないからです。

下画像は心理的安全性に意味的に近しい関係性を壊す4つの毒素と言われる要素です。
心理的安全性 下げる 要素

特に上2つの「非難」と「侮辱」はまさにハラスメントそのものだと思います。

なお、4つの毒素については下記の過去記事で解説しておりますので興味のある方はご覧ください。

関係の質を下げる4つの毒素

もしこれから組織、チームの心理的安全性を高めたいと考えている方がいれば、まずは心理的安全性を下げる要素であるハラスメントについの対策についても考えて頂ければと思います。

まとめとサービス紹介

いかがでしたでしょうか。今回は心理的安全性の前提としてのハラスメント対策というテーマで書いてきました。

心理的安全性を高めるためにはハラスメントについての対策も必須だと思いますので両輪で(流行りに乗れば両利きで)取り組みを考えて頂ければと思います。

なお、弊社では心理的安全性について考えるためのチームビルディングゲームであるベストチームと、ハラスメントについて考えるきっかけとなるハラスメントフラグを提供しております。

ベストチームは心理的安全性を知り、高めるための施策について考えるゲーム型研修です。

心理的安全性を知り、高めるゲーム型研修「ベストチーム」

一方、ハラスメントフラグはセクハラ・パワハラにおけるチームメンバー内/世の中一般との認識のズレを見える化することで自分自身の言動を振り返り、ハラスメントの予防・防止を行うためのワークです。

例えば、下記の問いにあなたならどう答えますか?(4択)

テストプレイ時の直近の20名の回答はこちらからご覧いただけます。

認識のズレを見える化するハラスメント研修用ワーク「ハラスメントフラグ」

ハラスメントフラグの概要はこちら。


関連記事

人気記事

記事内検索

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ