2020年は新型コロナウイルスの影響で新入社員研修をオンライン化するという対応で担当者の方は大変だったと思います。(研修会社も大変でした・・・)

この記事を書いている2020年10月20日現在、2021年(以降)の新入社員研修を考え始めている担当者の方も多いと思いますが、オフラインに戻すのか、完全オンラインでいくのか、ハイブリッドを目指すのか悩んでいるのではないかと思います。

弊社は研修会社ですのでこのような悩みを持っている担当者さんの悩みを解決するのがお仕事です。

オンラインでの新入社員研修で使えるビジネスゲーム5選

ということで、今回はオンラインでの新入社員研修で使えるビジネスゲーム5選というテーマで、完全オンライン or オフラインとのハイブリッドに対応できるビジネスゲーム(グループワーク用のツール)をご紹介したいと思います。

1.コミュニケーションゲーム「桃太郎村の地図」

1つ目は桃太郎村の地図というコミュニケーションゲームです。ジグソーパズルのように情報が分割されており、3〜5人のチームメンバーに情報がバラバラに渡されます。

上の画像はオンライン版の桃太郎村の地図の画面で、カードが表示されていますが、実は同じチームのメンバーには別のカードが表示されています。

これをzoomなどのウェブ会議システムを使って、口頭のみで共有し、最終的に何がどこにあるのかを特定していきます。

コミュニケーションをとっていく中でホウレンソウ(報告連絡相談)の重要性や、質問を適切に行うことで問題が早く解決できることが学べます。

なお、こちらのゲームはオフライン(リアル)でも対応可能で、カード版もございます。

概要はこちらをご覧ください。

資料の請求(無料)はこちらから⇒

2.コミュニケーションゲーム「野球のポジション当てゲーム」

2つ目は野球のポジション当てゲームというコミュニケーションゲームです。桃太郎村の地図と全く同じ仕組みのゲームですが、難易度が異なります

桃太郎村の地図:難易度低い、制限時間25分程度で8割クリア

野球のポジション当てゲーム:難易度高い、制限時間40分程度で8割クリア

したがって、成功体験を積ませたいのであれば桃太郎村の地図コミュニケーションの難しさを伝えたいのであれば野球のポジション当てゲームと、目的に応じて使うツールを変えてもらうことをオススメしています。


こちらのゲームもオフライン(リアル)でも対応可能で、カード版もございます。

概要はこちらをご覧ください。

資料の請求(無料)はこちらから⇒

3.コンセンサスゲーム「NASAゲーム」

3つ目はNASAゲームというコンセンサスゲームです。コンセンサスとは合意形成という意味です。

ゲームの設定としては月に不時着した宇宙飛行士という設定で、320km離れた母船に戻るため、手元に残った15個のアイテムに対して優先順位をつけていくゲームです。

まずは個人で優先順位をつけ、次にzoomなどのウェブ会議システムを使って、グループで話し合い、最終的にグループとしての優先順位をつけていきます。できるだけ妥協なく、合意の上で決定することが求められます。

このゲームの面白いポイントはNASAによる模範解答があることです。模範解答に最も近い個人、及び、チームの勝利となります。

学生時代は1人で物事を決めることが多かったと思いますが、社会人になると、複数人で物事を決めることが多くなってきます。その時大事になってくるのが合意形成です。

意見の異なる人達とどうやってコミュニケーションをとっていくべきなのかを学習することができます。


こちらのゲームもオフライン(リアル)でも対応可能で、カード版もございます。

概要はこちらをご覧ください。

資料の請求(無料)はこちらから⇒

4.営業疑似体験ゲーム「ヒアリングチャレンジ」

4つ目はヒアリングチャレンジという営業疑似体験ゲームです。車の販売員という設定で、来店されたお客様に質問を行い、お客様のニーズを聞いて、最適な車(車種、色、グレード)を提案するというゲームになります。

上画像真ん中の人のアイコンの下にお客様の発言が記載されており、この発言を受けてどんな質問をするのかを上下左右のオレンジ色のボタンから選択します。

販売員ができる質問は10個で、適切な質問を行わないとお客様の真のニーズは引き出せません

このゲームでは営業のポイントとして、何がほしいのかではなく、なぜほしいのかを知ることで最適な提案ができる、ということを伝えることができます。セオドア・レビットの「ドリルを売るな、穴を売れ」という名言をゲームから体験することができます。


こちらのゲームもオフライン(リアル)でも対応可能で、カード版もございます。

概要はこちらをご覧ください。

資料の請求(無料)はこちらから⇒

5.レクリエーションゲーム「謎解き会社経営」

最後は謎解き会社経営というレクリエーションゲームです。厳密に言えば、ビジネスゲームではないのですが、オンライン下での新入社員研修中盤のちょっとした息抜きや、研修序盤のアイスブレイク、チームビルディングとして利用いただけると思います。

ゲームとしてはいわゆる謎解きゲームで、難易度は謎解き専門会社さんが作るものよりは簡単になっています。


※問題はデモ用で、本番の問題とは違います。

問題の種類もいわゆるなぞなぞだけではなく、4つのカテゴリーで作られていますのでなぞなぞが苦手な方でも自分の強みを生かしてチームに貢献することが可能です。。

1.「謎解き」
ひらめき力が問われる問題です。

2.「検索力」
文章や、画像検索を使って問題を解きます。

3.「論理力」
論理クイズです。論理的思考力が問われます。

4.「学問」
国語・算数・理科・社会・英語といった、学校で習った知識を使って解きます。

これまで紹介した4つのゲームと比べるとどうしても学びの要素は少なめですが、それでも自分の強みを生かしてチームに貢献することや、わからない問題について素直にわからないと声に出して助けを求めることなどは社会人として必要なスキルだと思います。

謎の種類は異なりますが、オフライン(リアル)でも対応可能で、紙版もございます。

概要はこちらをご覧ください。

資料の請求(無料)はこちらから⇒

無料のPDF資料請求について

新入社員研修での利用を検討したいという場合、まずは下記より資料請求をお願いします。

お問い合わせ内容

※必須

企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

ご希望のゲーム名、実施時期や受講人数など(300文字以内)


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ