コンセンサスゲーム 雪山

今回はコンセンサスゲームと呼ばれるコミュニケーション研修向けゲームの「雪山での遭難」(別名:ウィンターサバイバル)について書いていきたいと思います。

雪山での遭難の設定

雪山での遭難の設定は以下の通りです。

みなさんは雪山に不時着したスキー客。

あなたの乗っている飛行機が、アメリカとカナダの国境付近の雪山に墜落しました。
残念ながら操縦士たちは死亡。機体は湖の底に沈没したようです。

しかし、幸いなことにあなた達10名は、無傷で飛行機からの脱出に成功しています。

墜落地点から一番近い街は、ここから32キロ離れたところにあります。

このあたりの夜の気温は最大でマイナス40度まで下がります。
周りを見渡すと、枯れ木が沢山落ちていることがわかります。

あなた達10名が生き残るため、以下のうちから重要な順に順位をつけてください。
(いちばん重要なものを「1」とします)

10個のアイテム

・ライフル銃1丁
・大箱のマッチ1箱
・5日分の朝刊
・方向のわかる磁石1個
・スキーセット1組
・20㎝のナイフ1個
・板チョコレート10個
・大型の懐中電灯1個
・ウィスキーの入ったびん1つ
・固形の油の入った金属缶1個

「雪山での遭難」のやり方

コンセンサスゲーム

1.ルールの説明
2.まずは個人で考えます(10分間)
3.グループ(4〜6名)で考えます(20分) ※上画像のカード、ボードを使用
4.グループごとの発表(優先順位とその理由)
5.専門家による模範解答を配布 ※模範解答は提供キットに含まれます
6.模範解答の順位との差を求め、差の合計を算出する
7.模範解答との差が最も小さいグループと個人の優勝
8.振り返り ※振り返り用資料は提供キットに含まれます

このゲームの面白い部分としては専門家による模範解答があるということです。
複数チームでの実施の場合は、専門家による正解に最も近いチームの勝利となります。

全体を通して1時間〜1時間半程度となります。
専門家の答えに最も近いチームの勝利です。

コンセンサスゲームのポイント

コンセンサスゲームのポイントは以下の3点です。

グループで考えることのメリットの理解
⇒1人で考えた時よりも、チームで考えたときの方が点数が良くなります。
合意形成の難しさの体感
・合意形成を行うためのコミュニケーションスキルの把握

雪山での遭難 実施要項まとめ

【対象人数】4〜100名以上(1チーム 4〜6名推奨)
【実施時間】1〜1時間半
【予算】
・レンタル:3万円〜(10名までの場合。詳細はお問い合わせ下さい。) 
・講師派遣:15万円〜

準備工数を掛けずに実施したい方へ

弊社ではゲームを実施するにあたってのカード、ボード、運営スライド(ppt形式)、
ワークシート(PDF形式)、ファシリテーター向け動画マニュアルの提供を行っております。有料となります。

準備工数を掛けずに実施したいという方は下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

なお、解答のみ知りたいというご要望はお断りしております。
解答等は資料をご購入頂いたお客様のみお伝えしております。

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。
研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、ご希望のゲーム名、実施時期や受講人数など(300文字以内)


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ