以前の記事で、サーバントリーダーシップの10の特性をご紹介しましたが、今回はサーバントリーダーシップの診断テストについて書いてみたいと思います。

サーバントリーダーシップの10の特性についてはこちらを御覧ください。

サーバントリーダーシップの10の特性とM行動

サーバントリーダーシップ 10の特性

サーバントリーダーシップの診断テスト

今回はサーバントリーダーはどのような特性を持っているのか、また、自分自身にサーバントリーダーとしての資質があるかどうかをチェックするための診断テスト(尺度)について紹介したいと思います。

なお、本記事は下記の論文をベースに記述しております。

サーバント・リーダーシップの測定尺度について
ー日本語版尺度の作成ー

劉培 2013

https://www.b.kobe-u.ac.jp/stuwp/2013/201302a.pdf

論文によれば、サーバントリーダーシップを測定する尺度(要素)として大きく7つの要素に分けることができるといいます。それが下記です。

1.質の高い人間関係の構築

2.地域コミュニティへの価値創出

3.コンセプチャル・スキル

4.エンパワーメント(権限委譲)

5.部下の成長と成功に対する支援

6.部下を第一にする

7.倫理的行動

各要素について3〜4個の設問が用意されており、1=当てはまらない、2=どちらかと言えば当てはまらない、3=どちらとも言えない、4=どちらかと言えば当てはまる、5=当てはまる、の5つから回答します。

1.質の高い人間関係の構築
Q.部下の精神的悩みを癒すことができる
Q.職場内外で部下の幸せに気を配っている
Q.職場内に仲間意識を醸成している
Q.時間をかけて、部下との間に質の高い人間関係を構築している

2.地域コミュニティへの価値創出
Q.地域で行われるイベントやお祭りに、家族や友達を誘ってよく参加している
Q.職場外のボランティア活動や地域活動に参加するように部下を励ましている
Q.地域貢献の大切さを強調している

3.コンセプチャル・スキル
Q.会社の将来像について、部下と膝つき合わせて議論している
Q.次世代の社会がどうなるか、部下と一緒に語り合っている
Q.日々の業務と将来の方向性のバランスをとっている

4.エンパワーメント
Q.仕事に関する重要な意思決定を行う権限を部下に与えている
Q.事前に私に相談しなくても、仕事上で重要な意思決定を自ら行うよう部下を励ましている
Q.部下の貢献が、私の意思決定に影響を及ぼしている

5.部下の成長と成功に対する支援
Q.部下が仕事上で良い働きをしてくれるのを辛抱強く待つことができる
Q.部下が自分を越えて成長・成功することを心から喜べる
Q.部下の個人的成長を最優先に考えている

6.部下を第一にする
Q.部下の仕事をやりやすくするために、できることはすべてをやっている
Q.自分自身を犠牲にしてまで、部下のことを考えている
Q.部下は、私のためでなく、ともに仕事を成し遂げているという感覚をもつことができる
Q.部下がもっとも活躍できるよう一生懸命支援している

7.倫理的行動
Q.上の人に対しても、悪いことは悪いと言える
Q.儲けを出すよりも、正しい考えを曲げないことを大切にしている
Q.部下に高い倫理観を求めている
Q.約束したことを必ず実行する

サーバント・リーダーシップと支援

サーバント・リーダーシップ 診断

やや見づらいですが、上図によれば、7つの項目のうち、特に、サーバント・リーダーが持つ要素として重要なのは以下の3つの要素です。

1.質の高い人間関係の構築

6.部下を第一にする

5.部下の成長と成功に対する支援

これら3つに共通するのは「部下への支援」といえます。
職場における支援については中原 淳氏の著書「職場学習論」 から職場における3つの支援が参考になるかと思います。

職場における支援

まとめ

いかがでしたでしょうか。サーバント・リーダーシップの診断テストについてご紹介しました。論文には調査時の各項目の平均値などへの記載もありますのでご覧いただければと思います。

サーバント・リーダーシップの測定尺度について
ー日本語版尺度の作成ー

劉培 2013

https://www.b.kobe-u.ac.jp/stuwp/2013/201302a.pdf

また、この論文を元にしたWEBでの診断テストも開発したいと思いますので開発後、こちらで紹介できればと思います。


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ