2015年11月18日

新入社員研修で使えるゲームのネタ10選

タグ: ゲーム, ネタ, 新人研修, 新入社員研修,

«
»


新入社員研修を考える中で「実践」を取り入れる際にゲームの活用
検討されている方も多いと思います。
 
座学の比率を下げ、リアルな場でしか行えない、または1人ではできない「実践・経験」の提供
を行う企業様が多くなっています。
 
そして、実際に現場で実践・経験する前のシミュレーションとしてビジネスゲームが利用
されています。
 
今回は新入社員研修で使えるゲームのネタの紹介したいと思います。

新入社員研修で使えるゲームのネタ 10選

1.アイスブレイク&チームビルディング「脱出ゲーム」

新入社員研修 チームビルディング
 
まず最初にご紹介するのは研修1日目のアイスブレイク及び、チームビルディング
使えるゲームです。今流行りの「脱出ゲーム」が研修に使えます。
 
新入社員研修初日、まだ緊張しているであろう新入社員達のアイスブレイクと
チームビルディング
を兼ねて、チームで協力しながら謎解きをし、コミュニケーションを図ることができるでしょう。

内定者懇親会で脱出ゲームを実施 (株式会社フィードフォース様)

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

 
新入社員研修 アイスブレイク
弊社だけではなく、「リアル脱出ゲーム」で有名な株式会社ヒミツキチオブスクラップ様
でも企業用にコンテンツを提供されています。※他社のコンテンツも紹介します

株式会社ヒミツキチオブスクラップ様のホームページ

2.報連相ゲーム「野球のポジション当てゲーム」

野球のポジション当て コミュニケーション
 
新入社員研修で重視されているコンテンツの1つに報連相(報告・連絡・相談)が挙げられると思います。
 
野球のポジション当てゲームは分断された情報を口頭のみで共有し、制限時間内に1つの答えを出す
ことが求められるゲームです。
具体的には分断された情報から 「誰が、どのポジションなのか?」 という正解を導くゲームです。
 
座学の前後に実施していただき、報連相や、社会人のコミュニケーションについて学んでいただけます。
 
報連相 野球のポジション

コミュニケーションゲーム「野球のポジション当てゲーム」

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

 
同様のゲームに、株式会社プレスタイム様の「バスは待ってくれない
というコンテンツがあります。
新入社員研修 バスは待ってくれない
参考URL:http://presstime.co.jp/?post_type=program&p=554
 
バスは待ってくれない

バスは待ってくれない 参考サイト

こちらも分断された情報を口頭のみで1つにまとめて回答を出すというゲームです。

3.コンセンサスゲーム「NASAゲーム」

nasa_image
 
新入社員研修で「優先順位の付け方」を教える企業も多いと思います。
多くの場合、緊急と重要のマトリクスを使って教えていると思うのですが、
新入社員は「緊急度」はわかっても「重要度」の理解に苦しみます
 
そこで、NASAゲームというコンセンサスゲームが役に立ちします。
このゲームでは優先順位におけるコンセンサス(合意形成)を行う
体験を行うことができます。
 
まずは個人で優先順位をつけ、次にグループで話し合い、グループとして優先順位を
つけ
ていきます。できるだけ妥協なく、合意の上で決定することが求められます。
 
このゲームの面白いポイントはNASAによる模範解答があることです。
模範解答に最も近い個人、及び、チームの勝利となります。
 
nasaゲーム
 

グループワークで使えるNASAゲームのやり方

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

4.PDCAサイクルを学ぶゲーム「マシュマロチャレンジ」

マシュマロチャレンジ
 
多くの新入社員研修で教えられているPDCAサイクルも座学だけでは「そりゃそうだよね」
と頭では理解できた気になってしまう
可能性があります。
 
マシュマロチャレンジではゲームを複数回やりながらPDCAサイクルを回し、
99cmと言われる世界記録に挑むことが目的です。
 
ゲームとゲームの間には振り返りと、発想法などのミニ講義を入れることで
研修効果を高めることができます。
 
マシュマロチャレンジ キット

マシュマロチャレンジのやり方

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

5.戦略・交渉ゲーム「THE商社」

新入社員研修 ゲーム
 
THE商社は3〜6名で1チームとなり、他のチームとの交渉を通して
最も多くの利益を上げることを目的としたカードゲームです。
※商社向けのゲームではありません。ソニー生命保険株式会社様などでの導入実績があります。
 
ゲームは各チームに与えられたカードを他のチームとの交渉によって交換する
によって進められます。
交換によって組み合わせが揃うと、そのチームの売上となります。
 
ゲームを通して、3C分析といった戦略の理解、Win-Win思考
を学ぶことができます。
 

 

THE商社の詳細を見る

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

6.楽しく学べる財務・会計ゲーム「財務の虎」

財務ゲーム
 
新入社員に関わらず、社会人として理解しておきたいのが基礎的な会計知識です。
 
新入社員研修で細かい知識までは求めなくとも、売上、費用、利益という概念の理解
自分の給与がどのように支払われているかを理解するのにもとても役立ちます。
 
財務の虎 ゲーム
 
座学で学ぶと面白みを感じづらい会計・財務知識をゲームで楽しみながら学んで頂けます。

【導入事例:クックパッド株式会社様】ゲームを使った会計研修の感想

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

7.ビジネスマナーで使えるゲーム「ビジネスマナーカード」

ビジネスマナーカード
参考URL:http://sora.co.jp/item_3.html
 
こちらは弊社ではなく、株式会社SORA様のコンテンツです。
 
ビジネスマナーを学ぶカードゲームです。
ビジネスマナーの研修はどうしても基本的なルールの説明になりますので
個人的に新入社員時代は受講者としてあまり面白いものではありませんでした。
 
ビジネスマナーカード
 
そこで、このようなカードゲームを利用することで楽しみながら知識の定着を
行うことができると思います。

ビジネスマナーカードのホームページ

8.対戦型ビジネスマナーゲーム「マナーファイト」

マナーファイト
参考URL:http://staffblog.cookpad.com/entry/2016/08/24/151640
 
これは弊社が考えたビジネスマナーで対戦するゲームです。(無料)
 

 
このゲームは「ビジネスマナー」✕「間違い探し」という形式のゲームで
あえて間違ったビジネスマナーを行った動画を撮影し、
他のチームに間違い探しをさせるゲームです。
 
動画で撮影することで、自分のしぐさを見ることができますし、
間違いを探すことで、逆説的に正しいマナーを学ぶことができます。
 

【導入事例】対戦型ビジネスマナー研修「マナーファイト」を実施しました

9.マーケティングを学ぶゲーム「ビズストーム」

マーケティング ゲーム
 
会計・財務に続いて、次はマーケティングの基礎を学ぶゲームです。
製造した製品を、いくらで、どの市場に出すかを考えながら最も多く利益
をあげた個人の勝利です。
 
ゲームを通して、価格戦略、差別化戦略、競争優位性などについて
学ぶことができるゲームです。
 
このゲームの面白いポイントは、チームメンバーとの駆け引きだけではなく、
大企業と呼ばれるメンバー全員にとっての敵
が存在することです。
メンバー間で牽制していると大企業に顧客を取られてしまいます。
 

 

マーケティングを学ぶビジネスゲーム「ビズストーム」

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

10.ストーリー動画+体験で学ぶ「ムビケーション」

新入社員研修 ムビケーション
 
最後は最新の新入社員研修の形で株式会社マイナビ様が提供している
ムビケーションというスタイルの研修です。
同社ホームページによるとムビケーションとは以下の様に定義されています。
 

ムビケーション = Movie + Simulation + Education

ここまで紹介してきたゲームとは異なりますが、ゲーミフィケーションの要素
取り入れているという観点でご紹介させていただきました。
 
これまでも、講師が現場に居て、擬似的にテレアポを掛けて、訪問シミュレーションをし、
お客様のニーズをヒアリングして、提案を行う(そしてダメ出しされる)
というやり方はありましたが、そこに動画やiPadなど最新のツールを取り入れています。

ムビケーションのホームページ

まとめと、PDF資料の請求(無料)

弊社では、ご紹介したゲームの一部を社内講師で実施できるキットとして
カード、投影用スライド、講師向けの資料/動画マニュアルのレンタルを行っております。(有料)
 
新入社員研修で利用できるゲームは他にもたくさんあると思いますが、
参考になれば幸いです。
 
ゲームの詳細は資料請求(無料)でもご確認いただけます。
 

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、ご希望のゲーム名、実施時期や受講人数など(300文字以内)
電話番号をご記入頂ければ、お電話でもご説明差し上げます。


【関連記事】

人気記事 TOP5

研修検索

目的:
人数:
実施時間:

過去記事 (カテゴリー別)