今回はデータで見る「ダメな上司」の9個の特徴と「部下が成長する」上司というテーマでみなさんにデータをご紹介したいと思います。

なお、今回は2つのソースからデータをご紹介します。その1つがパーソル総合研究所様の下記のデータです。

職場での対話に関する定量調査
調査結果

パーソル総合研究所
シンクタンク本部

公開日:2024年3月29日

https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/data/dialogue-culture.html

このレポートの中では以下のように記述されていました。

本音で話しにくい相手の特徴を属性別に見た。
すべての特徴で「上司」が最も高くなっていた。

ということで、本音で話しにくい、ダメな上司の特徴が下図で表現されています。

1.自分への無関心
2.正しさへの固執
3.プライドの高さ
4.内容の無理解
5.型への当てはめ
6.漏洩不安
7.無主張
8.詐欺的態度
9.多忙さ

いかがでしょうか。みなさんの上司(もしかしたらあなた自身?)に当てはまるでしょうか。

小学生(女子)の子供を持つ私としては、これらは本音を話しにくい親の特徴にもつながってくるだろうなと思って見ていました。

レポートではもう少し詳細なデータも提示されていました。

部下が育つ上司の特徴

ここまではダメな上司の特徴を9つ紹介しましたが、一方で、本音を話しやすい相手(上司とは限らない)の特徴は下記となっています。

1.傾聴的態度
2.共話的態度
3.公平性
4.客観性
5.応援的態度
6.物腰の柔らかさ
7.ユーモア・笑顔
8.考え方の柔軟性
9.環境的要因

いわゆる傾聴力が高いと本音を話してもらいやすいようです。
あなたの上司(あなた自身?)はいかがでしょうか。

また、別のソースで、部下が成長していると感じる実感についてのデータがあります。

画像引用

なぜ「若手を育てる」のは今、こんなに難しいのか

古屋星斗
日経BP 日本経済新聞出版 (2023/11/25)

この書籍によれば、部下育成が成功している上司は以下のような取り組みが有効であったと回答されています。

ここでも部下の話しを聞くといった傾聴的施策がいくつが挙がっていますが、それ以外にも自分の成功・失敗体験を語るといった上司からの発言や、部下に任せる、依頼すると主体性を発揮させるような施策が有効だっと回答されています。

ここまでの話しをまとめてみると、相手の話を聴かないとダメ上司だが、部下を成長させている上司は聴く、に加えてさらに他の施策も打っているということになるでしょうか。

そんな話し(聴くだけでは解決できないこともある)は、傾聴系の書籍である「まず、ちゃんと聴く。」にも記載されていました。

まとめと関連製品

いかがでしたでしょうか。今回はデータで見る「ダメな上司」の9個の特徴と「部下が成長する」上司というテーマで、傾聴力が重要であること、ただし、部下育成が成功している上司はさらに施策を打っていることを紹介しました。

傾聴力については弊社では傾聴チャレンジというビジネスゲーム研修を提供しております。興味があるかたは下記をご覧ください。

傾聴研修ゲーム「傾聴チャレンジ」のやり方

また、記事で引用したデータについてはこちらをご覧ください。

職場での対話に関する定量調査
調査結果

パーソル総合研究所
シンクタンク本部

公開日:2024年3月29日

https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/data/dialogue-culture.html

なぜ「若手を育てる」のは今、こんなに難しいのか

古屋星斗
日経BP 日本経済新聞出版 (2023/11/25)


関連記事

人気記事

記事内検索

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ