今回は管理職研修で使えるビジネスゲーム10選と題して、他社のゲームも含めてご紹介したいと思います。

1.合意形成「NASAゲーム」

まずは合意形成や、会議のやり方について学ぶことができるNASAゲームです。

設定としては月に不時着した宇宙飛行士という設定で、母線にたどり着くために15個のアイテムのうち、最も重要なものを1、最も不要なものを15と優先順位をつけていくゲームです。

最終的にはチームメンバーで話し合い、チームとして1つの結論に合意形成していく必要があるのですが、限られた時間の中で、全員が納得できる結論にたどり着くための合意形成の方法をゲーム後の振り返りで学びます。

管理職となり、会議を主催することが多くなると思いますが、多くの人が会議は無駄だと考えています。そこで、会議のやり方についても考え直すことができる振り返りとなっています。

ゲームの詳しい解説はこちらを御覧ください。

NASAゲームのやり方

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

2.財務会計 「財務の虎」

財務の虎

管理職として求められる知識・スキルに財務会計・ファイナンスについての知識が挙げられると思います。

しかしながら、財務会計の研修はそのイメージから敬遠されがちです。そこで、財務会計・ファイナンスに興味を持ってもらうきっかけとしてビジネスゲームを用いて財務諸表の理解、資金繰りの重要性を学ぶことができます。

ゲームの詳しい解説はこちらを御覧ください。

財務会計ゲーム 「財務の虎」

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

3.メンタルヘルス対策 「ストマネ」

管理職研修 メンタルヘルス

3つ目は今話題のメンタルヘルスをテーマにしたビジネスゲームです。メンタルヘルス対策とし重要なセルフケアとラインケアの重要性をゲームを実施しながら学ぶことができます。

ゲーム終了後、それぞれのチームが迎える結末は以下の4パターン。プロジェクトは無事完遂し、かつ、チームメンバーが心身ともに健康で終えられるようにプロジェクトおよび、ストレスをマネジメントすることが重要です。

管理職研修 メンタルヘルス

ゲームの詳しい解説はこちらを御覧ください。

メンタルヘルス対策ゲーム 「ストマネ」

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

4.ビジョン策定 「レゴシリアスプレイ」

管理職研修 レゴ

4つ目はビジョン策定についてのレゴブロックを用いたワークショップです。管理職として必要な力にリーダーシップとも近いですが、メンバーにビジョンを示すということが求められると思います。

しかし、これまで現場の業務に精一杯従事し、結果は出してきたが、管理職として今後、チームや部署、会社をどのようにしていきたいか?というビジョンが明確なわけではないという方も多いと思います。

そこで、これまでの自分の仕事を振り返りつつ(リフレクション)、今後向かうべく方向性をレゴブロックを用いて「見える化」し、他の管理職の方と「対話」しながら深めていくワークショップです。

ゲームの詳しい解説はこちらを御覧ください。

ビジョン策定 「レゴシリアスプレイ」

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

5.目的を伝える 「部課長ゲーム」

5つめは管理職として身につけたいビジョン・目的共有についての学びがあるビジネスゲームです。

このゲームは、部長、課長、一般社員の役割に分かれて実施され、できるだけ早く課題を達成したチームの勝利となります。

ただし、課題の内容を知っている人は部長役だけ(チームに1人)となっており、それ以外のメンバーは課題の内容を知りません。また、部長役は他のメンバーも課題の内容を知っていると勘違いしています。

つまり、部長役がこのゲームの目的をメンバーに伝えるか、課長や一般社員役がこのゲームの目的を聞かないとゲームはクリアできません。

学びとしては以下のポイントが挙げられます。

・リーダーはメンバー目的を共有することが重要
・メンバーは仕事の目的を把握することが重要
・情報をうまく伝達するには報告/連絡/相談を使いこなすことが重要

ゲームの詳しい解説はこちらを御覧ください。

部課長ゲームのやり方

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

6.経営シミュレーション 「戦略MGゲーム」

戦略MGゲーム
画像参照先:http://daiwariki.blog33.fc2.com/blog-entry-2021.html

6つ目は、言わずとしれた経営シミュレーションゲームの定番、戦略MGゲームです。

あのソフトバンクアカデミアでも実施されているという総合経営シミュレーションゲームで、2日間で10年分の企業経営が疑似体験できるとされています。

孫正義社長とソフトバンク社員が“ゲーム”に熱中する理由

戦略MGゲームは弊社では取り扱いがありませんが、多くの研修企業様取扱されていると思います。

MGオンライン様 ホームページ

7.心理的安全性を知り、高める「ベストチーム」

ベストチーム 心理的安全性
 
ベストチームは昨今注目されている心理的安全性について知り、高めるためのゲームです。
 
チームに与えられた行動カード(上図の青)を必要枚数集めることによって、行動の効果が発揮され、チームに得点がもたらされるというゲームです。(得点は上図の赤)
 
得点カードには業績ポイントと関係性ポイントの2種類のポイントが記載されており、カードによっては業績は上がるが、関係性が下がる、など得点を失う場合があります。(下図)
カードゲーム 研修
 
管理職として業績拡大を目指しつつも、人間関係も大事にしていく、まさに最高のチームを目指すゲームとなっています。
 
ベストチーム ゲーム

ゲームの詳しい解説はこちらを御覧ください。

心理的安全性を知り、高めるゲーム型研修「ベストチーム」

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

8.全体最適 「ビールゲーム」

ビールゲーム

8つ目は全体最適システム思考についての学びがあるビールゲームです。

ビールゲームは名著学習する組織の中でも紹介されているゲームで、陥りがちな個別最適視点ではなく、部門を越えた全体最適視点が求められるゲームとなっています。

管理職研修の中でも新任管理職というよりはもう少しベテランの管理職向けと言えるでしょう。

ゲームの詳しい解説はこちらを御覧ください。

全体最適 「ビールゲーム」

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

9.ダイバーシティ&インクルージョン 「バーンガ」

管理職研修 ダイバーシティ

9つ目は昨今、注目されているダイバーシティ&インクルージョンを体験から学ぶ異文化コミュニケーションゲーム「バーンガ」です。

前述したNASAゲームがダイバーシティのメリットを体験できるゲームに対して、バーンガはダイバーシティのデメリットや弊害、また、その乗り越え方を学ぶことができるゲームです。

そういった意味では、ダイバーシティ&インクルージョンというインクルージョンまで含めた学びを得るにはバーンガのほうがオススメとなります。(NASAゲームと合わせて2つ実施するのも面白いでしょう)

ゲームの詳しい解説はこちらを御覧ください。

ダイバーシティ&インクルージョン 「バーンガ」

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

10.マーケティング 「ビズストーム」

管理職研修 マーケティング

最後にご紹介するのはマーケティングを学ぶビジネスゲームのビズストームです。

マーケティングの中でも、ビズストームは特に市場選択と、競争優位性についてフォーカスしたマーケティングゲームとなっています。

こちらも財務会計同様、広くて深いマーケティングの世界に興味を持ってもらうきっかけとしてご活用いただくのが良いかと思います。

ゲームの詳しい解説はこちらを御覧ください。

マーケティング 「ビズストーム」

 資料の請求(無料)はこちらから⇒

まとめと、PDF資料の請求(無料)

いかがでしたでしょうか。管理職研修で使えるビジネスゲーム10選として、目的に応じたビジネスゲームをご紹介させていただきました。
座学だけでなく体験型の管理職研修をご検討中の方の参考になれば幸いです。

なお、弊社では、ご紹介したゲームの一部を社内講師で実施できるキットとしてカード、投影用スライド、講師向けの資料/動画マニュアルのレンタルを行っております。(有料)
 
ゲームの詳細は資料請求(無料)でもご確認いただけます。
 

お問い合わせ内容

※必須


企業名

※必須


ご担当者様氏名

※必須


メールアドレス

※必須


※メールアドレスは企業アカウントのみ有効とさせて頂いております。

研修目的

※必須

※研修の目的、ゴール、実施背景など箇条書きで構いませんのでご記入下さい。

その他、ご希望のゲーム名、実施時期や受講人数など(300文字以内)


関連記事

人気記事

カテゴリ別

注目されているタグ

TOPに戻る
お問い合わせ